日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

マンマ・ミーア! 11月16日(日)マチネ ~ドナが消えた!?~

c0005619_14524926.jpg
日曜日に家族3人で、劇団四季のミュージカル「マンマ・ミーア!」を観てきました。

実は前日の夜、息子が7度台に発熱(>_<)
明日も熱が高いままだったら、観劇は無理かなぁ?旦那か私かどちらか1人だけ観る?
ってな感じだったの。

でも、寝入ってから薬が効いたのかすぐに熱は下がり、無事3人で観劇することができました。(えらいぞ息子!)
ちなみにほのかドナをかなり気に入っている旦那はちょっと気が気ではなかったみたい(笑)


c0005619_1561046.jpg

ほのかドナで開幕した名古屋マンマ。外部の方が主役という、四季では異例の抜擢でしたが、我が家の面々はすっかりほのかドナに魅了。でもほどなく「ミス・サイゴン」出演のため彼女は去っていってしまいました。

以後登場した智恵ドナも五東ドナも、歌はお上手だし、それぞれの良さがあって十分満足していたのですけどね。やっぱりほのかさんだと「ロックの申し子」と言う言葉がいちばんしっくりくるんだよなぁ。スタイルもいいし、ビジュアルもかっこいいしね。

再登場はないのかなぁ?と諦めていましたが、なんと!
1月博多で開幕の「ミス・サイゴン」までの間でしょうが、飛び込んできた嬉しいニュース。

っというわけで、久々のほのかドナ堪能です。
相変わらずのハスキーボイス。もしかしたら好みの別れるところかもしれないけど(プリプリ(ふるっ)の奥居香さんのような歌声と言えば分かりやすい?)、これぞやっぱりロックの申し子ですよ!
「Money, Money, Money 」のドスの効いた演歌節は知寿さま以上かも(^v^)


でね、でね、でね!
「Chiquitita」が終わり、さぁ次はドナが元気を取り戻す「Dancing Queen」よ!ってなシーン。
青山ロージーと増本ターニャの小芝居も絶好調の1番が終わり、2番が始まるわよっ!
あのドアから、ピンクのふわふわを首にまとい、ババーーーンっとかっこよく登場するのよっ!!
登場の勢いとかっこよさと観客のノリ具合がうまくかみ合うと、拍手が起こる場面です。(拍手がない日ももちろんあります)

さて、今日はどうかな?

っとわくわくしてた私。

ババーーーン!
おぉ、今日はいい感じじゃん!・・・っと思ったら・・・
ドナが消えたっ!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

えっ?えっ?


なんと、ほのかさん、あのドアを開けて前へ出る時に足を踏み外して、あの台から落ちてしまったのです!
観たことある方ならわかると思うんですが、あのドアの台の前には小物を置くテーブルもあるの。あのテーブルにも当たりながら、お尻からガタッ!バタン!ドタバタ・・・って感じ。
思わずロージーもターニャもかけよって助け舟。

でも、すごい状況なのにマイク離さなかったほのかさん(^^♪
なんとか2番歌いだしながら立ち上がり、通常の立ち位置にもっていきました(^。^)

結構高いところからの落下なので、観客も固唾をのんで状況を見守っていましたが、無事歌いだし立ち上がるのを確認すると、一斉に拍手が(^○^)

ほのかさんも、「あやや~、やっちゃった~」ってな照れ笑いで少し素に戻ってましたが、すぐにドナにリターン。

そんな姿に、名古屋の観客はあったかいノダ!
(「壁抜け男」の時にも、デュティユルを応援するあったかい拍手が定番だった名古屋です♪)

通常、カテコ以外のナンバーで手拍子が起こることはめったにないのですが(Catsのスキンブルナンバーではよくあるかな?)、この日ばかりは観客と舞台が一体となり、一緒に「Dancing Queen」を作り上げた感じ。

いつもなら、青山ロージーの腰の心配をする場面でも、この日は視線はほのかドナへ集中(笑)
ナンバー終わって袖へはける時には、ほのかさんガッツポーズしてました(笑)


でも、舞台が終わるまでは緊張感があるから痛みとかあっても感じないでしょうけど、あんな高いところから落ちたんだから今日あたりどこか痛いんじゃないかなぁ?
その後青あざとかできてないかしらん?と、スリップ姿の時とか、変な視点で観てしまいましたよ(^v^)

生の舞台ならではの出来事ですね。


c0005619_2213352.jpg

さて、他のキャストについても触れてみますね。


ソフィ役の江畑さん。先日ソフィデビューを果たした、(多分)韓国の方。
もちろん、ソフィとしては初見です。
っが、しかし、この夏東京で観た「ライオンキング」でナラっており、そちらでは拝見済みでした。
この方もハスキーボイス。

某掲示板などでは、観た目がおばさんくさいとかなんだとか言われてましたが、いえいえ。
私なんぞは、”まるぽちゃ(含お腹のお肉(笑))っとしていて、20歳らしくかわいく”思えましたよ。(旦那は微妙のようでしたが(笑))

そして、中・韓役者さんにつきものの訛り。
ナラの時は訛りが気になりましたが、あらま、今回は全然気になりませんでした。
しかし、旦那は「訛ってたよ」と指摘。
表情もあまりなかったと。私は、くるくる表情が変ってかわいいと思ったんですけどねぇ。


どうしてこうも感想が違うのでしょう?
私たち同じ舞台を観てたよね?(笑)

人間の捉え方なんて、こんなもんです。
百人いれば百人の感じ方があるということ。

私的には、ダンスも歌も十分満足でした(^^♪

c0005619_2224673.jpg

久しぶりの田邊スカイ(今週からはまた玉城スカイになったので、ぎりぎりで拝見できたワケね)

先回も思ったけど、歌が随分上達しましたよねぇ。
そりゃ、シンガーレベルとまでは言いませんが、でも十分です。
しかし、もっとダンスする姿が観たかったなぁ。最近踊ってませんよね?
そろそろまたボビってくれてもOKよん♪

ソフィの「結婚とは・・・」のくだりで、にこやかに、さりげなく「うん♪」という笑顔がかわいらしかったですわ。


c0005619_22292414.jpg

前回観劇時はターニャデビューほやほやだった増本さん。段取り臭さが抜けなかった前回とは違って、見事にターニャ役を自分のものにしておられました。

ドナとターニャが若返ったので、本来ならロージーも若い役者さんで拝見したいところではありますが、やっぱり青山さんの存在は貴重です。青山ロージーがいるからこそ、今のダイナモスも、そしてマンマカンパニーもしっかりまとまっている感がバリバリ。

弥生さんのコメディエンヌぶりに乾杯です♪
しかし、坂本ビルとでは、姉と弟のような(笑)、年下のつばめのような感じが・・・(爆)


c0005619_22364419.jpg

そうそう、今回はまた味方ハリー。

前回は「Thank You For The Music 」の時、最初のポロロン♪だけしかギターを実際に弾かず、あとは弾く真似だったんです(前の席なのでよくわかりました~)

しかし今回は、最初のフレーズすべてギターを弾きながら歌ったの!
「おぉ!味方さん、ギターかなり練習されましたね?(^^♪」って心の中で拍手。

んで、最後まで弾くのかな?って思ったら、やっぱりその後は弾く真似でした(笑)
だからそこからはまた不自然な後ろ向き(っていうか、手元が客席に見えないような姿勢)で歌ってましたよ。(でも前の席の人にはバレバレ(^^♪ 後ろの人には分からないかな)

こういう時、役者って引出しが多いとお得なんでしょうね。
まるちゃんもサックス吹けて「思い出を売る男」では活躍しましたもんね。

でもまぁ、そんなことでは味さんの色は褪せませんよ。
相変わらずの癒し笑顔で和ませて頂きました。



サムは・・・

・・・慣れました。

いや、未だに無表情でいきなり歌い始める「Knowing Me, Knowing You 」には慣れません(-_-;)



あとの人は・・・まっ、いっか(笑)


c0005619_22593338.jpg

今回会員に配られたフォトスタンドと、選べるチャーム(チェーンは既に配布期間終了)。チャームは期間が延長になったのでもらえたけど、無くなり次第終了なので、私のコレクションは多分これで終わりかな。


今回、後ろの席のおばさまたちが、ウケるべきところでかなりウケて笑いはじけてて、なんだか私も楽しかったです。

休日なのに「当日券あり」は悲しいなぁ。
来年1月にはメリル・ストリープ主演の、映画「マンマ・ミーア!」が公開されるので、少しは席が埋まるかな?来月からは価格も安くなるしね。

名古屋は3月くらいまでかなぁ?

涙あり(もちろん泣いたよ)、笑いあり、そして楽しいカテコあり。
観てない方は1度は観ておくべきですぞよ(特にアバ世代は必見!)




ドナ・シェリダン : 鈴木ほのか
ソフィ・シェリダン : 江畑晶慧
ターニャ : 増本 藍
ロージー : 青山弥生
サム・カーマイケル : 渡辺 正
ハリー・ブライト : 味方隆司
ビル・オースティン : 坂本 剛
スカイ : 田邊真也
アリ : 孫田智恵
リサ : 木内志奈
エディ : 上田 亮
ペッパー : 鎌滝健太



【男性アンサンブル】
田辺 容
須永友裕
黒川 輝
深堀拓也
長谷川浩司
渡井真一
竹内一樹

【女性アンサンブル】
柏谷巴絵
羽田三美
朴 慶弥
村上絵里子
河内聡美
奥山あゆみ
梶田祐紀恵
by LoveCoffee | 2008-11-17 17:16 | 観劇レポ・四季ネタ