日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レッドクリフ Part2

c0005619_22252672.jpg

「レッドクリフPart2」を観てきました~ヽ(^o^)丿

三国志大好きですからね。
ついでに金城武も好きですからね(笑)

もちろんPart1も観ましたよ。

なので今回も観ないワケにはいきません!!

火曜日はレディースデー。
先週から今日観ようと思ってたんです。
でも昨夜から下腹部痛と腰痛が(~_~;)・・・(心配のない類のですケドね)

こんな状態で150分もずっと椅子に座ってられるだろうか・・・やっぱまた今度にしようか・・・

と思ったりしたんですが、こういう時に限って同じ方面に出かける用事が発生。
なので、思いきって観てきました。


150分と長い尺なのに、全然それを感じなかったです。
あっと言う間!
息をのむ流れの連続で、たいくつする暇がありませんでした。

でもね、映画的な面白さなら、Part1の方がよかったかな。

ただ今回も、孔明の矢をGetする戦法のくだりは、結果を知ってても爽快でしたね(^v^)
矢がびゅんびゅん飛び交うCGは、ジェット・リーが出てたチャン・イーモウ監督の「HERO」を思い起こしました。

ストーリー的には、今回私にはかなりベタに感じられましたが(特にラスト)、まぁ三国志自体周知の話だし、これはこれでしょうがないのかな。

尚香のエピソードはどれも、「ありえないだろっ!(笑)」「やっぱそうきたか(あはは)」と、ちょっぴり苦笑ですわ。

感動した場面は唯一団子のシーン。ここはホロリときました。


今回、のだめの時と同じく、キャストがほぼ想像通りで大満足。

孫権のチャン・チェンはハンサム!目の保養になったデス(笑)。若き呉のリーダーらしい精悍さがあって素敵でした。
関羽、張飛もイメージ通り。
魯粛もまんま。
劉備はあんな感じなのかなぁ?ちょっと私的にはオーラが足りなかったけど(笑)
趙雲は、私の中では、もっとがっしりした偉丈夫のイメージだったのだけど、フー・ジュンはありです。なかなかいいじゃん。てか、今回の映画では趙雲大活躍。関羽より強そう。
黄蓋じいさんもイメージ通り。
曹操のチャン・フォンイーもいいねぇ。いい味だしてましたよ。

三国志の3英雄、魏の曹操、蜀の劉備、呉の孫権の中で、実は私が一番好きなのは曹操なんです。
演義の中では悪者なんだけどね。
だから私の中では曹操役も大事だったの。今回マルよ。

周瑜は・・・まぁ、今回トニーが主役なんでね。文句はありません(笑)
でも、本当の周瑜もあんな感じだったのかな?

孔明の金城武は・・・惚れなおした(笑)


Part1で、孔明が呉と同盟を組むよう孫権を説得にやってきた時、周瑜と弦楽器を弾きながらお互いの才能を見抜きあうシーンが好きでした。
そしてpart1最大の見せ場「九官八卦の陣」での戦いは圧巻!
戦いの場面って、本を読んだだけでは中々イメージしにくいのだけど、こうやって動画でみると「なるほどぉ~」と、面白かったです。それは「赤壁の戦い」の様子もね。

私は、大学4年の時に中国へ短期留学していたのですが、小旅行で3泊4日の三峡下りクルーズを体験したことがあります。その時船上から実際に「赤壁」を見たので、今回特に感慨深いものがありました。


Part1とPart2を堪能しましたが、結局のところジョン・ウー監督がこの映画を通して私たちに伝えたかったメッセージは、実は単純明快でした。

それは、ぜひみなさんご自身で鑑賞なさって感じてみて下さい!
きっとわかることでしょう♪
by LoveCoffee | 2009-05-12 23:57 | 映画鑑賞