日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画『プロデューサーズ』

やっと観ることができましたぁ~(^O^)/
ミュージカル映画『プロデューサーズ』
忘れないうちに感想をメモメモφ( ̄∇ ̄o)ゞ


ネタバレ少しあるかも・・・







いやぁ~、面白かった!クスクス笑ってばっかりいました(*^m^*) ムフッ
歌が終るたびに、思わず拍手しそうになりましたよ、マジで(笑)

舞台オリジナルキャストが多いので、お得感があります。
舞台の『プロデューサーズ』が「トニー賞」を受賞した場面はTVで観てたんで、この映画を観て、益々本物の舞台を観たくなりました。

日本でも、ちょっと前にV6か誰かでやってたと思うんだけど、ぜひ劇団四季でお願い!

ネイサン・レインはさすがですね。上手過ぎ!
この方アニメの「ライオンキング」のティモンの声もしてるんですよね~(^v^)
四季で演じてもらうとしたら、ネイサン演じるマックス役は誰だろう?光枝さん?明戸さん?青木さん?

そしてマシュー・ブロデリック。
歳とったなぁ~(>_<) 「ウォー・ゲーム」や「レディホーク」の頃は、本当に美少年でしたもの。今も童顔でかわいい顔立ちですが、やっぱり皺がねぇ~(^。^;) それに少し中年太り?
青い毛布の切れ端を「くんくん、むふ~♪」ってしぐさ、めちゃツボにはまります!
でも、こんなに売れるなんて思ってなかったから、トニー賞で出てきた時には、本当にびっくりしました。
ちなみに、マシューも「ライオンキング」でシンバとして声の出演をしてるんですよね。そして、公式見て知ったんだけど、マシューの奥さんって、サラ・ジェシカ・パーカーなんだ!へぇ~。
このマシュー演じるレオの役は、ぜひ石丸幹二さんで、よろしく!

「キル・ビル」でのかっこいいイメージがあるユマ・サーマンは、スタイル抜群でセクシー♪でしたぁ。ウーラは誰にやってもらおうかなぁ?知寿さま?四季ではこの路線なかなかいないもんなぁ(笑)

ロジャー・デ・ブリー役のゲイリー・ビーチやカルメン・ギア役のロジャー・バート、そしてナチスかぶれのフランツ役のウィルも個性的でとってもよかったです。脇役もピカイチでしたね。
ゲイコンビの二人の役は、そうねぇ~下村さんと味方さんあたりでいかがでしょう?(笑)若者コンビでいくなら、柳瀬さんと道口さんでもよくってよ(笑)
フランツ役は、そうねぇ~深水さんなんか面白そう!

個人的には、劇中ミュージカル『春の日のヒトラー』で、中央で目立っていた白人男性がめちゃハンサムでキューンでした♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪

そして、この映画はなんと、舞台版で演出・振付していたスーザン・ストローマンが監督なんですよねぇ!
スーザンといえば『クレイジー・フォー・ユー』や『コンタクト』が真っ先に浮かびます!その他にも、数々の有名なミュージカルを手がけ、輝かしい賞歴を誇る、ブロードウェイでも有名な女性演出家のひとりですよね。

スーザンの振付といったら、小物使いがお上手なんですが、今回おばあちゃんズが歩行器でダンスするシーンが楽しかったです。このシーン、トニー賞の時にも披露してましたよね。会計事務所での、棚の使い方もサスガでした。


製作・脚本・作詞作曲は、大御所メル・ブルックス。映画の最後、エンディングロールが流れた後に、舞台のカーテンコールのようなナンバーが流れるんですが、最後の最後にショーガールに囲まれて「グッドバイ♪」と言いながら出演するのが彼なんですよね。おちゃめ(*^。^*)
アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞とすべて手に入れている天才ですね。


観終わった後にナンバーが頭に残ったのは『シカゴ』の方だったけど、この『プロデューサーズ』もとっても楽しい作品でした。
ミュージカルファンなら、「クスッ」って笑えるひねりもあったりするので、必見ですよ!
by LoveCoffee | 2006-05-17 23:23 | 映画鑑賞