日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夢破れたり・・・

c0005619_223415.jpg
9日の日曜日、家族3人で「アイーダ」を観劇してきました。

c0005619_2265691.jpg
劇場のホワイエは既に次回作「マンマ・ミーア!」一色。
こちらはドナの経営する「サマー・ナイトシティ・タヴェルナ」です。
  ※ちなみに、ご自由に撮影して下さいとありますので念のため。
c0005619_2282710.jpg
奥には、マンマの解説ブースがあり、ここで解説パネルを見て出てくると、出口で小さなマンマシールがもらえます。


関係ないですが、本日のキャスト予定発表で、濱田エルファバの名を発見したとたん、これが本年最後の観劇となったことをお知らせ致します(笑)
濱田アイーダが降臨したら、平日突発しようと思ってたけど、このタイミングでエルファバだから、きっともう楽まで濱田アイーダは期待できそうもないですね、多分・・・。残念(>_<) 
その代わり、なんとなくそのうち樋口アイーダが登場しそうな予感・・・


感想は、かなり今眠いのごくごく簡単に。


今回の私の一番は、江寿多知恵アムネリスです。
多分韓国の方で改名組ですよね?在日の方なのかしら?訛りは全然ありません。
舌が長いのか話し方にちょっとクセはありますが、そんなの全然問題ないです。
歌声は時折少しハスキーっぽい声で大変お上手でした。高音がちょっぴり弱いけど、そんなのちーっとも気にならないくらい聞かせてくれました。
声楽系でないアムネリスはやっぱり聞き応えあります(笑)
アムネナンバーは本来こうあるべきよね。

「何をを見た、何を聞いた~♪」・・・もう私爆泣き。
演技も、前半はとってもおちゃめでかわいらしく(よく笑いをとってました)、でも「装っているの~」辺りの表情など、アムネリスの心情がとてもよく伝わる、分かりやすい演技でした。ものすごく美人さんではないのかもしれないけど、舞台を観ているうちに、とってもチャーミングに見えてきて、アムネリスに肩入れしてしまいましたよ。
そうそう、こんなこと書くと五東さんに大変失礼だけど、ファッションショーのシーンでアムネリスがシルバーの衣装(頭に猫の帽子)を着て、両手を広げぷるぷる揺らすダンスがありますよね。あの時、結構上腕二頭筋の裏側(三頭筋?)辺りのお肉が、五東アネムだとかなりプルプルするんでちょっと気になっちゃうんですが(私ももちろん同類なので、笑うのは失礼なんですけどね、お許しを)、江寿多アムネは全然プルプルしないんですよ。かなりスレンダー!羨ましいわぁ(^O^)/

彼女のアムネリスなら、何度も観たいです。


さて、初見の渡辺ラダメス。(マンマサムで1度だけ拝見してます)
ハンサムさんなんだけど、歌もお上手だと思うんだけど、声が・・・やっぱり苦手かも(>_<)
最初の「勝利ほほえむ」で登場の早足姿が、ちょっぴりおかしくて、そこから既にズリ落ちてしまいました(渡辺さんファンのみなさん、ごめんなさい)
上着を縫いでも、上半身が少し寂しいかな(^。^;)(ゾーザー軍団と比べちゃいけないかしらん)
でも、人柄の良さは伝わってきましたよ。そういうものはにじみ出ちゃうもんですね、やっぱり。
アイーダの首筋にキスをするのも遠慮がち?(笑)

この後多分マンマのサムでもお世話になると思うので、なんとか慣れていきたいと思います(爆)


秋アイーダは、歌は相変わらず聴かせてくれました。っが、ちょいと声がお疲れ気味かも。シャウトは、声が割れないように本人もヒヤヒヤしながら歌ってたところもあったし。(だから絶対今週から濱田さんに交替だと思ってたのに・・・!)
今回、かなり早口で話す場面が多く、訛りが初見の人にもバレバレのような感じでした。何度かセリフ噛んでたし(やっぱりお疲れだと思う)
でも、演技はなかなかよかったです。
今回は「ローブのダンス」で私爆泣き。迫力ありました。旦那も(涙が)表面張力だったらしい(笑)
「神が愛するヌビア」は、この王女とならどんな苦境も一緒に乗り越えられる!と感じさせる凛々しさと力強さがありました。


あとは、やっぱり飯野ゾーザー♪サイコー!!
ダンスもかっちょいいし(見せ場が少ないのがもったいない!)、何より声がいいですよね。
CDと違うアレンジもあったりして、聞き惚れちゃいました。


有賀メレブも、歌はなかなか聞かせてくれました。あんなに歌えてたっけ?
デビュー時の壁抜け新聞少年を見ているだけに、あの時はまだ若干歌声が不安定だったような・・・
っで、有賀くんはいつも、その役の他の役者さんとはちょっと違った有賀的解釈で演技したり歌ったりするんですよね。メソの時も小芝居あったし、今回もちょびちょびやってて、なんか笑えました(^^♪
歌も、歌声の強弱やトーンを、意味合いをよく考えてわかりやすく歌ってた気がします。


それから、松本ネヘブカ。歌声しびれますねぇ。安心して(笑)聴いてられるネヘです。


とにかく、名古屋アイーダ歴代観てきて、一番泣いた日でした。
楽までこのままでもいいかもね。秋アイーダは名古屋で生まれたアイーダだしね。



ちょっぴり余談。
濱田さんと阿久津さんがしばらく舞台から消えて、今週からまた復帰しましたよね。
もしかして、二人とも劇団から指示されて、BWに、例のアレ「春のめざめ」を視察に行ってきたとか・・・考えられないでしょうかね?もちろん全くの私の妄想ですけどね。
それとも、佐渡グリンダデビューのお稽古をしてたのかな。
グリンダといえば、苫田グリンダってのもあり?
それともお二人ともベル要員でしょうか?
あ~、話がそれてきた(笑)


眠いといいつつ、結局長々と書いてしまいました(笑)

ではでは今日はこの辺で。
by LoveCoffee | 2007-12-10 23:36 | 観劇レポ・四季ネタ