日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

京都日帰り旅行(4) ~哲学の道

c0005619_0485549.jpg
銀閣寺観光が終わったので、もと来た参道をてくてく歩きますと・・・
(途中で、ちりめん布のお店に入り、しばし作品を見学。こういう寄り道が楽しいね♪)

c0005619_050833.jpg
「哲学の道」の入口へと到着。

なぜか牛若丸が!!いや、笛吹き童子か?

ちなみに、「買って!」とせがまれた横笛は200円。
家にもオカリナ、ハーモニカが・・・どうして吹くものばかり欲しがるのだろう??(笑)
c0005619_1113971.jpg
京都の散歩道として有名な哲学の道は、南は永観堂近くの若王子橋付近から、北は銀閣寺近くまで続く、琵琶湖疎水に沿って作られた遊歩道。

哲学者の西田幾多郎が、この道を思索にふけりながら散策したことから名付けられたそうです。

c0005619_1163271.jpg
桜の名所でもありますが、その桜の木にかわいいさくらんぼがいっぱい!!

1つもぎって息子にどうぞ(笑)

普通のさくらんぼと同じ味を連想していた息子は、バクっとかじって、「ん~」と顔をゆがめて、ぺっと吐き出しました(あはは)
楽しい初体験だったね!(酸っぱいのよね、この実は)

c0005619_1202638.jpg
てくてく、てくてく。

景色を愛でながら、ゆったり、てくてく、てくてく。
c0005619_121783.jpg
水もきれいです。
c0005619_122343.jpg
全体像でなくて申し訳ないのですが、ここの紫陽花は、レインボーのように七色が混在して不思議な感じでした。
c0005619_1241479.jpg
さらに、てくてく、てくてく。

母はカメラをバシャバシャしながら、てくてく、てくてく。

息子は、「疲れた~、まだ?」と言いながら(-_-;)、てくてく、てくてく。
c0005619_12686.jpg
かわいい創作紙細工のお店を発見。しばし入店して、作品を楽しむ親子。
c0005619_1293993.jpg
そのお店のお庭に飾られていました。かわいいね。

この辺り、確か法然院へ続く道の近くです。
c0005619_1431378.jpg
人間にとってはすっぱい実でも、鳥さんたちにとってはごちそうなのね。
すずめが一生懸命さくらんぼをつついて食べてました(*^_^*)
c0005619_1442754.jpg
あぶらとり紙で有名な「よーじや」のカフェ。
ちょっと寄ろうかなとも考えたのですが、この時点で息子が「疲れた」ばかりぬかす(怒”)

しかし、そうよね。観光手引きによれば、銀閣寺側の起点からこの辺りまでは、歩いて10分から15分くらいの距離なんだけど、「のんびりぐーたらてくてく派」の私たちは、すでに30分はかかってるんです。(その前に銀閣寺内も1時間歩いてるし)

開場時間を考えると、とても終点までは歩いていけないし、息子も疲れているし、夜までお腹は持たないだろうから、おにぎりとか買っておきたいし、できれば私はすぐに食べたいし(笑)

なので、この辺りで通りへ出てタクシーを拾い、京都駅まで戻ることにしました。
根性なしでごめんね~(笑) 時間がないから仕方ないんだけどね。

「ちょうど競馬が終わる時間で、川端通りはとても混むから、狭い路地を通っていいですか?」というタクシーの運ちゃんの提案に喜ぶ私(笑)
普段見れないようなとこ見れてラッキーじゃん!そういうの好き♪

途中、そのせっまい路地沿いにあるカレー屋さんの横で運ちゃん語る(笑)
c0005619_241849.jpg
今若者で流行っている有名なカレー屋さんなんだと。


タクシーの運ちゃんとのおしゃべりも楽しいのよね。京都の運ちゃんは観光知識豊富で語る人が多いから(笑)
っで、この運ちゃん、今回の「ウェストサイド物語」を見たことあるんですって。とてもよかった。トニーが上手だったと言ってました。(阿久津さんのことかなぁ?)っで、マリアが線が細くてちょっと・・・と言ってたけど、誰のことかな?

c0005619_2658100.jpg
ソワレ終演後に見た、京都で一番大きなろうそく。


今回の旅行のレポはこれでおしまい♪
でも、最後にお土産レポがあるよぉ(笑)

続きはまた明日ね。


長文お付き合い下さいまして、ありがとうヽ(^o^)丿
by LoveCoffee | 2008-06-10 00:46 | おでかけ(京都)