日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

南十字星と55周年

今回は劇団四季のお話。
興味ない方は読み飛ばしてね。


13日(日)に、「昭和の歴史三部作」の最後を飾る演目「ミュージカル南十字星」が開幕しました。

三部作ともに、三木たかしさんが作曲された楽曲が大部分を占めるのですが、三木さんらしい美しいメロディラインの曲が多く、欧米のミュージカルとはひと味もふた味も違う、かみしめればかみしめるほどジワジワくる曲ばかりです。
翻訳ものとは違い、日本語の歌詞とメロディがしっかりフィットしているからこその味わいなんでしょうか。

その三部作の中でも、南十字星の楽曲は私的にはかなり好きです。
メロディラインでいうと、「異国の丘」の楽曲もすてきなんですけどね。

インドネシアの田んぼの風景(=昔の日本の風景)だったり、星空の下の静かで凛とした空気だったり、そんなものを曲から感じるからかな。

(CDには、匠さんのセリフの声も入ってるしね(あはは)」


特に「別離」は格別。兵士達が後姿で歌うのはズルイです。
はるか海の向こうの祖国の民に向けての心情が、兵士達と同じ目線で聴かされ、そのせつなさや悲しみが痛いほど伝わってくるから・・・


「祖国よ我らを思え」

と歌詞にありますが、私たちは彼らを含め、戦争で犠牲になった方々のことを知り覚えておく義務があると思います。


あれ?私観劇したワケでもないのに、なんでこんなに熱く語っているんだろう?(爆)



っで、さっそく開幕キャスト情報をタイムリーにご連絡下さった四季友のみなさん、ありがとうございました。
(その頃私は、ビール片手にバーベキューの肉をバクバク食べとりました(笑))

やっぱり!!
匠さんはここでしたね!

しかも、公式の55周年の挨拶をしている阿久津さんの後ろ、優しいお顔で佇んでいるのはまさしく匠さん♪

ハイ、しっかり今回も丸坊主!

・・・千秋楽まで南にご出演の予定ですね。そうか・・・

う~ん、それはつまり、私が東京の春劇場でライオンキングを観劇しているまさにその時、そのすぐ横の秋劇場に匠さんはいるということですね!

う~ん、う~ん(^_^;)

悩ましい・・・



そしてそして!

劇団四季創立55周年、おめでとうございます♪(7月14日が創立記念日)

昨夜偶然WBSで記念パーティーの様子が放映されて、(CM前の予告があったので録画準備できました)ちらっと見ることができました。まぁWBSなんで、ほんとにチラっとですが(笑)

「ユタと不思議な仲間たち」と「むかしむかしゾウがきた」の映像もあり、そして記念パーティーの特別ステージの映像もちょっとだけ映りました(音楽はほとんど聞こえず)

でも、ちゃんと公式でそのステージの様子がしっかり観れるのでOK!(ネット部GJ!)

いやぁ、豪華!豪華!

オペラ座なんて、3人の怪人に3人のクリスですもんね。
高井さん、やっぱいい声だわ。
沼尾さんが若干不満顔なのが、実は何かワケあり?(ちらっと選曲の件とかで噂を聞いたので)

佐渡さんが何かのお稽古中と噂に聞いて、それは絶対グリザベラだと思ってました。
ここで「メモリー」を歌ったからグリザベラで出演するとは限らないけど、やっぱり!って感じ。可能性は高い気がするな。まぁ「メモリー」自体は微妙でしたけど(笑)
できれば早水さんで聴きたかったかも。
でも早水さんの「美女と野獣」が聴けたからいっか。

っで、芝さんのステージ、バックダンサーとして敬二さんと松島さん、かっちょえー♪
そのままソング&ダンスお願いします!
松島さんも四季ではトップダンサーだけど、敬二さんの方がやっぱり上手いのね。ブラボー40代!(笑)

「クインテット」は、シャーク団のメンバーはあれでOKなの?(笑)なんか喧嘩弱そうだ(爆)
歌の最後の締めでガッツポーズみたいにするところ。個人的に北澤さんのを見て「あっ、シンバの雄たけびだ!」って思ったのは私だけではないハズ(笑)

濱田さんや樋口さんの歌声が少ないのがちょっと寂しかったかな。
最近姿を見かけず、もしや退団?と心配だった五東さんの姿があったのは嬉しかったけど、花代ちゃんも涼太さんもいないのが心配。涼太さんは喉を壊してるから今回出てなくても納得できるけど、花代ちゃんはどうしちゃったのかな?


っで、この映像、ぜひ次回のアルプに特典DVDとしてつけてくれたら嬉しいな~♪


以上、長々と失礼しましたぁ~ヽ(^o^)丿
by LoveCoffee | 2008-07-15 16:51 | 観劇レポ・四季ネタ