日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2012年 05月 03日 ( 3 )

宇治ドライブ旅行(4)

さてさて。頑張って一気に書かないと、尻切れトンボになっちゃう!(´ε`;)
(讃岐うどん旅行のレポが、瀬戸大橋の部を書いてないまま終わっちゃったのよね~w)


三室戸寺を後にし、次は宇治上神社へ。

1.5km位の道のりなので、直接歩いてもいい距離だし、或いはバスで京阪宇治駅まで行ってから歩いてもいいんですが、なんせかぴくんが歩けない(;´Д`)
かなりギブアップ状態だったので、なんとタクシーで殿様行脚しました(てへぺろ)


宇治上神社。
ちっさな神社なんですが、なんとこれが!!世界遺産なんですねぇ!!
c0005619_15261819.jpg

平等院の鎮守社として、近くの宇治神社と合わせて宇治離宮明神や八幡社、宇治鎮守明神と呼ばれているそうな。
拝観料はいらず、自由に拝観できます。


門をくぐると、真正面に拝殿があります。
c0005619_15391236.jpg



拝殿の前にある清めの砂。
c0005619_15402183.jpg

これは神が降りてくるときの依り代となるものだそうです。

拝殿は大きく、1215年頃に造られたとされており、鎌倉時代の建築技術を知るための手がかりとしてはとても優れたものなんだって(ウケウリ)



拝殿の右奥にあるのが本殿。
c0005619_1543633.jpg

神社の規模としては、この本殿の規模は大きいのだそうです。

年輪年代測定調査によれば、本殿は1060年頃のものとされ、現存最古の神社建築だそうな。


本殿の東側には、摂社春日神社本殿、摂社住吉社と香椎社、武本稲荷社があります。


桐原水
c0005619_1548146.jpg

宇治七名水として、唯一現在でも湧きつづけて残っているのがこの「桐原水」だそうですが、残念ながら飲料には適さないということで、飲んだらダメよw


桐原水建屋の屋根
c0005619_15505397.jpg

好きだなぁ♪ こういうひなびた感じの屋根w


小さな神社なので、見るのはこれ位(笑)


朱印帳に記帳してもらおうとしたら、丁度書ける方が席を外しており、仕方なく既に書いてあるものを購入しました。悔しかったので違う柄3枚購入したった!ww


私たちが神社内をゆっくり見学している間に、かぴは座るところを探して放浪(笑)

かぴのいるという場所を目指して神社の外に出ると、すてきな道が。
c0005619_16171527.jpg



さわらびの道というそうな。
c0005619_16195018.jpg


「源氏物語散策の道」として源氏物語にちなむ名所旧跡に誘います。


c0005619_16241572.jpg



これは、与謝野晶子の歌碑
c0005619_16244664.jpg



c0005619_16252529.jpg



時間がもう少しあったら、近くの源氏物語ミュージアムにも寄りたかったのですが、今回はパス。


ということで、いよいよ最終目的地の平等院までタクシーでGO!(笑)
※1.7km 普通の人なら歩いていける距離ですww



まだまだ続きます!
by LoveCoffee | 2012-05-03 16:47

宇治ドライブ旅行(3)

さて、三室戸寺の続きです。


c0005619_1251325.jpg

本堂では、団体でいらした巡礼の方々が、お経をよんでおられました。
その隙間をぬってお参り(-^〇^-)


c0005619_126464.jpg

至る所にお花♥


c0005619_1272942.jpg

鐘楼で鐘をつき、阿弥陀堂を見て、隣の三重塔へ。
ちなみに阿弥陀堂は、親鸞の父日野有範の墓と伝えられているそうです。



c0005619_130831.jpg

これは山吹かなぁ?


c0005619_1312040.jpg

山吹や宇治の焙炉の匂ふとき(芭蕉)



綺麗な花や景色をどうぞ♪

c0005619_1342044.jpg



c0005619_134591.jpg



c0005619_1352830.jpg

こちらのつつじはスタンバイ中!


c0005619_136536.jpg

石庭。


c0005619_13641100.jpg



c0005619_1403780.jpg



c0005619_141018.jpg

お陽さまの当たる面から咲くのね♪


c0005619_142067.jpg



c0005619_1422927.jpg



c0005619_1425833.jpg

山はいいなぁ♥
新緑の季節。花は少なかったけど、緑がとてもすてきでした!
充分満足!


c0005619_1445128.jpg

池もあるのよ。


c0005619_1454141.jpg

シャクナゲ。


c0005619_1472462.jpg

アサジサイ
大手毬

 ※お友だちの指摘により、これはアジサイではなく、大手毬ということが判明しましたw
   お詫びすると共に訂正させて頂きます。
   あんずちゃん、ありがとー(^ ^)/

白っぽい色がきれい♪


c0005619_1475480.jpg

実はこんな風に咲いていました。


庭園の奥の丘陵へ行くと、シャクナゲが沢山咲いているようでしたが、実はもうかぴの足が限界で・・・(´ε`;)
何度も何度も休み休みの歩行。
このシャクナゲやアジサイの辺りまではもうしんどいということで、東屋で休憩して待ってまして、私と旦那もその先へ行くのは断念しました。


c0005619_1503841.jpg


とにかく、手入れのされた綺麗な庭園で、ちょっと暑かったけど、湿度がなかったので丁度良く、気持ちのよい時間を過ごせました♪


HPによると、GW後半の明日から丁度つつじが見頃になるそうですし、6月にはあじさい、夏にはハス、秋にはもみじが美しいお寺さんなので、興味ある方はぜひどうぞ(-^〇^-)
ただし、あじさいの見頃時期は、もの凄い人だそうです(笑)



三室戸寺はここでおしまい。
次に続く~

といきたいけど、今夜はここまでにしときますw
続きはまた後日(^ ^)/
by LoveCoffee | 2012-05-03 01:36 | おでかけ(京都)

宇治ドライブ旅行(2)

当初の予定では、最初に行くハズだった三室戸寺。
新名神ルートからでは、宇治東IC降りて一番手前になるからね。

でも、渋滞で遅くなっちゃったし、平等院鳳凰堂の内覧の受付する為にも(遅いと見れない)平等院へ先に行こうか!と、順番変えて行ったのに、結局駐車場探しで時間食っちゃって(笑)

そんならもう平等院は最後にゆっくり回ることにして(爆) ←予定が二転三転ww
いざ花の寺「三室戸寺」へ。

西国観音霊場第10番札所である三室戸寺は、あじさい寺としても有名ですよね。
(↑ 調べるまで知らなかったけどww)

c0005619_0272029.jpg

広大な庭園に沢山の花が植えられています。


受付付近。
c0005619_0114876.jpg


4月下旬から5月上旬のこの時期は、つつじで賑わうそうですが、この日はまだ2~3部咲き。
でも、綺麗に手入れされた庭や、様々な花や緑に、とても心奪われました♪

c0005619_0193783.jpg


c0005619_0213383.jpg



山門。巡礼者さんも結構いました。
c0005619_0224011.jpg



c0005619_0294183.jpg

つつじが満開になる予定の地(笑)

c0005619_030848.jpg

手前はあじさい畑です。

どちらも満開の時は圧巻でしょうね♪


c0005619_031447.jpg

咲き始めの花びらは瑞々しくて、太陽の光を浴びてきらきらしてました!


c0005619_032852.jpg

階段を上り、本堂へ向かいます。


本堂。
c0005619_0595378.jpg

手前には、ハスの鉢が沢山ありました。250鉢ほどあるそうです。
6月下旬から8月上旬が見頃だそうですよ。


そしてここには、ゆかいなオブジェ?がいくつかあります。


これは「狛蛇」
宇賀神の像だそうです。
c0005619_12509.jpg

財運・金運の蛇神だそうで、頭は老翁、体は蛇で蓮に乗る姿。
しっぽを撫でると金運が、耳たぶを撫でると福があるということで、みんなでなでなで♥


ほんで、これが「狛犬」ならぬ「狛兎」(笑)
c0005619_1102097.jpg


この三室戸寺の辺りは、かつては宇治の中心地で、菟道(うじ)と称されてたそうで、色々と兎に縁のある土地なんだそうです。(詳しくは寺のHPを参照して下さいな)

この兎さん、大きな玉を抱いてますね。
この玉の中に、卵型の石があり、それが立てば願いが叶うらしい・・・

c0005619_11429100.jpg

ほっほっほっほっほ~
見事立ちましてよ!(*^^)v

あ!願い事するの忘れた!(笑)


狛牛?ww
宝勝牛というそうです。
c0005619_1154652.jpg

牛の口の中に石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれているそうです。

勿論みんななでなでww

牛のお腹には小さな覗き窓があり、そこから胎内におさめられた牛の木像が見えます。


c0005619_1185640.jpg

牛の横には、貴乃花・若乃花兄弟の手形がありました。

でっけぇ!!



一旦おしまい。
まだまだ続く・・・
by LoveCoffee | 2012-05-03 00:16 | おでかけ(京都)