日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:映画鑑賞( 22 )

レッドクリフ Part2

c0005619_22252672.jpg

「レッドクリフPart2」を観てきました~ヽ(^o^)丿

三国志大好きですからね。
ついでに金城武も好きですからね(笑)

もちろんPart1も観ましたよ。

なので今回も観ないワケにはいきません!!

火曜日はレディースデー。
先週から今日観ようと思ってたんです。
でも昨夜から下腹部痛と腰痛が(~_~;)・・・(心配のない類のですケドね)

こんな状態で150分もずっと椅子に座ってられるだろうか・・・やっぱまた今度にしようか・・・

と思ったりしたんですが、こういう時に限って同じ方面に出かける用事が発生。
なので、思いきって観てきました。


150分と長い尺なのに、全然それを感じなかったです。
あっと言う間!
息をのむ流れの連続で、たいくつする暇がありませんでした。

でもね、映画的な面白さなら、Part1の方がよかったかな。

ただ今回も、孔明の矢をGetする戦法のくだりは、結果を知ってても爽快でしたね(^v^)
矢がびゅんびゅん飛び交うCGは、ジェット・リーが出てたチャン・イーモウ監督の「HERO」を思い起こしました。

ストーリー的には、今回私にはかなりベタに感じられましたが(特にラスト)、まぁ三国志自体周知の話だし、これはこれでしょうがないのかな。

尚香のエピソードはどれも、「ありえないだろっ!(笑)」「やっぱそうきたか(あはは)」と、ちょっぴり苦笑ですわ。

感動した場面は唯一団子のシーン。ここはホロリときました。


今回、のだめの時と同じく、キャストがほぼ想像通りで大満足。

孫権のチャン・チェンはハンサム!目の保養になったデス(笑)。若き呉のリーダーらしい精悍さがあって素敵でした。
関羽、張飛もイメージ通り。
魯粛もまんま。
劉備はあんな感じなのかなぁ?ちょっと私的にはオーラが足りなかったけど(笑)
趙雲は、私の中では、もっとがっしりした偉丈夫のイメージだったのだけど、フー・ジュンはありです。なかなかいいじゃん。てか、今回の映画では趙雲大活躍。関羽より強そう。
黄蓋じいさんもイメージ通り。
曹操のチャン・フォンイーもいいねぇ。いい味だしてましたよ。

三国志の3英雄、魏の曹操、蜀の劉備、呉の孫権の中で、実は私が一番好きなのは曹操なんです。
演義の中では悪者なんだけどね。
だから私の中では曹操役も大事だったの。今回マルよ。

周瑜は・・・まぁ、今回トニーが主役なんでね。文句はありません(笑)
でも、本当の周瑜もあんな感じだったのかな?

孔明の金城武は・・・惚れなおした(笑)


Part1で、孔明が呉と同盟を組むよう孫権を説得にやってきた時、周瑜と弦楽器を弾きながらお互いの才能を見抜きあうシーンが好きでした。
そしてpart1最大の見せ場「九官八卦の陣」での戦いは圧巻!
戦いの場面って、本を読んだだけでは中々イメージしにくいのだけど、こうやって動画でみると「なるほどぉ~」と、面白かったです。それは「赤壁の戦い」の様子もね。

私は、大学4年の時に中国へ短期留学していたのですが、小旅行で3泊4日の三峡下りクルーズを体験したことがあります。その時船上から実際に「赤壁」を見たので、今回特に感慨深いものがありました。


Part1とPart2を堪能しましたが、結局のところジョン・ウー監督がこの映画を通して私たちに伝えたかったメッセージは、実は単純明快でした。

それは、ぜひみなさんご自身で鑑賞なさって感じてみて下さい!
きっとわかることでしょう♪
by LoveCoffee | 2009-05-12 23:57 | 映画鑑賞
c0005619_2225136.jpg
今日公開したばかりのミュージカル映画「マンマ・ミーア!」を早速観てきました~(^O^)/


感想としては・・・


・・・まだ公開されたばっかりですからね(^^ゞ



とりあえず、詳しくは控えときます(笑)





でもね、敢えてコメントするとしたら、私としては、舞台の「マンマ・ミーア!」の方が好きかな(あはは~)



映画は慌ただしく時間が流れる感じがしましたが、まぁ、映画と舞台では上映(上演)時間が違うのでね。
映画では省略された曲もあったし、微妙に順番が違ったりもします。


でも、映画ならではのシーンもあり、十分楽しめますよ♪

エーゲ海のきれいな青い海をバックに歌われるアバの曲は美しい!
とっても元気にさせてくれます!



ただね、メリルは好きだけど、ブロスナンもかっこいいとは思うけど・・・

やっぱちょっとだけ歳をとりすぎているような(^^ゞ

ターニャ役も整形したにしてはちょっと・・・(^_^;)
(四季のターニャの方がずっときれい♪(笑))



でもでも、映画と舞台はやっぱ別モノ。
お好きな方はぜひどうぞ(^O^)/



ついでに、パーフェクトガイドも買っちゃいました。
四季のダイナモスのインタビューと、ソフィ&スカイによる舞台裏の案内もついてるので、こちらもお好きな方はどうぞ(^v^)



今さっき、「ゴールデングローブ賞」の様子観てたけど、「マンマ・ミーア!」は残念でしたね。
個人的には、ブラピの「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」とアンジーの「チェンジリング」を観てみたいと思いました(今日映画館で予告篇してたの)
by LoveCoffee | 2009-01-30 22:43 | 映画鑑賞
10月31日金曜日。
1本の映画を観るために名古屋へお出かけしてきました。

その映画は「ブロードウェイ♪ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢~
c0005619_22422059.jpg


北海道の四季友さんが先日観てきたという話を聞いて、「そうだった!そういう映画が今度上映されるって言ってたな」
っで、早速いつもいく近所のシネコンの上映時間を調べたら、あーた!
なんと、そこのシネコンでは上映してないじゃん!
そこどころか、名古屋では1ヶ所でしか上映してないことを知って、あらまぁ!びっくり!

というワケで、やってきたのはミッドランドスクエアの中にあるシネコン、ミッドランドスクエアシネマ
c0005619_22395153.jpg

実はワタクシ、このミッドランドへ来たのは初めてなんざます。

旦那は仕事でオフィスタワーには来たことがあるらしい。

c0005619_2249218.jpg
とってもおしゃれなシネコンでした。


平日の、しかもかなりマニアックな映画なので、いつもいくシネコンならきっと私の他に数人くらいしかいないと思われますが、そこはさすが名古屋のど真ん中。
席はかなり埋まっていまして、しかもなぜか年配の方が多い・・・なぜ?


映画の内容はと言えば、平たく言えばオーディションのドキュメンタリー映画かな。
2年前にブロードウェイで「コーラスライン」の再演が決まった際に行ったオーディションの模様を、なんとそのまま利用したそうです。
「コーラスライン」の生みの親、マイケルベネットがダンサーたちの話を聞いているテープや、舞台初演の映像なども交えながら、8ヶ月にも及んだ実際のオーディションの臨場感を味わう、ちょっと変わった映画になっています。

舞台の「コーラスライン」を1度でも観たことのある方なら、かなり楽しめるはず。

私は最初のジャズコンビネーションの音楽を聴くとワクワクするので、それが随所に聴けてうれしかったな♪

これを見ると、本場ブロードウェイは本当に層が厚いなぁ、厳しい世界なんだなぁと感じずにはいられません。みんな必死!
日本のミュージカル俳優さんも頑張ってると思うけど、やはり裾野の広さが違うなぁと(人口も違うけどね)。


「愛した日々に悔いはない」!
一生ダンサーで!

生活になんの保証もないけど、がむしゃらに努力している彼らの姿は、のほほんと毎日を生きている自分を感動させてくれるには十分のオーラでした。

ということで、実は最初から瞳に水が表面張力状態(笑)だったんですけど、ポール役の俳優の演技の時に一気に爆裂!あれは反則ですわ。ジャッジする演出家たちも爆泣きしてたもの~。

日本人が頑張っている姿も嬉しかったですね。
初演のコニー役のバイヨークさんが、あの身体で(失礼)軽快に踊っている姿にも感動(^O^)


ミュージカルお好きな方や興味のある方、「コーラスライン」をご覧になったことがある方は、ぜひ一度ご覧になられるとよいかと思います。



若干目を赤くしながら、その後はミッドランド内のお店でひとりランチ♪
(ひとりでも平気でお店に入れる人だよーん)

4Fのスペイン料理「バル デ エスパーニャ ムイ」で食べてきました。
カウンターだったので、カメラ構えるのは躊躇して写真は撮ってません。あしからず。


お腹が膨れたら、今度は向かいのタカシマヤへGO!

えへへ・・・先日の名鉄に続き、ここでまたまた「北海道物産展」を物色です(笑)

ついつい色々買ってしまった・・・

北海道って美味しいもの満載で好きだわぁ~(笑)


そんな日のばんごはんは、北海道づくしです♪
c0005619_23224733.jpg
◆コロッケいろいろ&キャベツ&トマト
◆いかめし
◆じゃが豚スープ
◆スパークリングワイン

c0005619_23241163.jpg
タラバガニのクリームコロッケが美味しかったよ~♪
キャベツはてんこ盛りにして、らでぃっしゅの水菜も混ぜました。

c0005619_23252330.jpg
いかめしもうまかった~♪

c0005619_23255424.jpg
花畑牧場のより、やっぱりこちらのじゃが豚が一番美味しいかも。
冷蔵庫の中の余り野菜を色々投入。


美味しい美味しいごはんに、ありがとう~ヽ(^o^)丿
by LoveCoffee | 2008-11-03 22:42 | 映画鑑賞

魔法にかけられて

o(*^▽^*)oあはっ♪

結局今日、息子と一緒に、ディズニー映画『魔法にかけられて』を観てきてしまいました。

いやぁ、笑った!笑った!
登場人物のおバカ加減は、ヘキサゴンのPaboや羞恥心に負けてませんよ(笑)

ディズニーらしさに溢れ、お笑いどころ満載で、最初は鑑賞に乗り気でなかった息子も楽しかったようです。

セントラル・パークでの歌のシーンは、そのままディズニーのパレードになりそうな華やかさでした。(と言いながらTDLは未体験です、ハイ(笑))

ゴキブリだけはいただけませんでしたが、CGと実写を上手に使い、観る者を飽きさせないすばやい展開。目が回りそうでした(笑)

ヒロインのエイミー・アダムスは、おでこの皺が若干気になりましたが(笑)、かわいらしい顔立ちで、アニメのプリンセスの実写版というのは、私は納得です。
息子が、吹き替えがいいというので、話す声のトーンや歌声を聴けなかったのがちと残念。DVDが出た時の楽しみとしますか。

エドワード王子は、先日観たばっかりの『ヘアスプレー』で、コーニー・コリンズを演じてたジェームズ・マースデン。こちらも、これぞディズニーの白馬に乗った王子様を快演。王子はやっぱり、こんな風に単純でおバカでなきゃ?(笑)でも、最後の王子はいい感じ。(これ、ネタバレになっちゃう?)
こちらも、あの爽やかな歌声を(吹き替えだったので)聴けなかったのが残念です。

エドワード王子の継母の役のスーザン・サランドン。妖艶、いや妖演!(笑)
あのおばあさん魔女も、スーザンなの?すごいメイクだわっ!

ティモシー・スポールもさすがベテラン。映画を引き締める名脇役ですね。
調べたら、「ハリー・ポッター」シリーズや「ラスト・サムライ」にも出演されている方なんですねぇ。なるほど!

そして、ロバートの恋人ナンシー。
最初顔を観た時に、「あれ?この顔・・・どっかで・・・どっかで観たぞ!ん~誰だっけかなぁ?ん~思い出せない・・・でも絶対私知ってる!この顔!」と思ったら、エンディングロール観て納得。
イディナ・メンゼルだぁ!
「ウィキッド」のエルファバのブロードウェイ・オリジナル・キャスト。トニー賞で素晴らしい歌声を聴かせてくれた、その方でした!
でも、残念ながら劇中では1曲もなし。いや、本当は1曲あったそうですが、最終的にその曲は採用されなかったそうな。あ~残念!でも、そういう曲って、サントラとかDVDとかには入ってそうね。

ストーリー的には、もう全然先が読めちゃう(笑)単純明快なお話だけど、でも私はしっかり涙うるうるしましたよん(笑)
お姫様の相手役がおっさんでもね(笑)


ディズニーらしいカメオ出演もたくさんあるようですが、私は全然わからなかった(>_<)
もっとも、ナレーションのジュリー・アンドリュースだけは、吹き替え版で観たので、分かるはずはないですけどね。



『ヘアスプレー』同様、元気のない時にビタミンをくれるミュージカル映画だと思います。
by LoveCoffee | 2008-04-01 23:50 | 映画鑑賞
c0005619_22583560.jpg
名古屋は本日も晴天なり。

っていうか、めちゃ暑い~(;´д`)ゞ

そんな中、息子とお出かけしてきました。
行き先は109シネマズ名古屋。
笹島のJRキャッツシアターの跡地のすぐ横にあるシネコンです。

して、その目的は・・・
c0005619_230544.jpg
『劇場版 仮面ライダー電王/俺、誕生!』を鑑賞するため(^^♪

いやっ(^。^;)
鑑賞するためだけだったら、地元のシネコンで十分ですからっ。

なぜにエンヤコラ名古屋のシネコンまで来たかとゆーと・・・

上映後に、主役の野上良太郎役の
佐藤健(たける)くんが舞台挨拶にやってくるからなのだぁ~(^O^)/
あっ、ついでにナオミ役の秋山莉奈ちゃんもやってきたよん。

うふふっ(*゜v゜*)

本編の映画もとっても面白かったけど、健くん、あぁタケルくん!

かわいい~♪(はぁと)

良ちゃんの時の健くんは弱っちいけど(でも本当は勇気があって優しいのよ)、本物の健くんは、今どきの男の子って感じで、かっちょよかったよ。

莉奈ちゃんもとってもスレンダーでかわいかった。

場内は、お子さん連れのおばちゃんが多いんだろうなぁ~なんて思ってたら、年頃の女の子のグループが多かったです。やっぱ人気なのねぇ♪

私たちの席は、映画も観やすいセンター(ほんとにセンター)だったので、お話してる健くんの真正面。まるで私に笑いかけ、話しかけているようで、めちゃ嬉しかったぁ~(はぁと×2)
↑(いい歳のおばばが、な~に言っとるの~と笑えるでしょうが・・・許せ(笑))

そしたら、息子も「ボクに話かけてた」と同じことを抜かしおった(笑)
これが舞台マジックなのね!(*^。^*)


映画自体もとても面白かったです。
TV版とのつながりもあるから、映画観た方がTV版の話がよりわかるかも。

おまけ1:
子ども向けの映画なのに、「ゲキレンジャー」の映画での、インリン様のM字開脚は、あれは有りなんでしょうか?(;^_^A

おまけ2:
劇場内の楽しい案内
c0005619_23164280.jpg
ジーク、今回かっちょよかったゼ!
c0005619_23172930.jpg
モモも相変わらずいいヤツだ。
c0005619_23175786.jpg
c0005619_2318843.jpg
イエローとブルーがいて・・・あれ?レッドはどこ?
(と息子が探してた。けどいなかったよ。)


映画のあとは、名古屋港水族館へ行き(実は夏休みに入って3度目(笑))、その後仕事中の旦那を拉致し、ばんごはんを食べて、また息子と2人で帰宅しましたとサ。


おまけ3:
ご贔屓さんが行方不明なので、最近こんな浮気ばっかしとります(笑)
by LoveCoffee | 2007-08-15 23:30 | 映画鑑賞
とっても久しぶりに、映画を観てきました。

さだまさしさん原作の『眉山』と、リリー・フランキーさん原作の『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

涙ものを2本連続で!(笑)
(無謀な挑戦か?≧(´▽`)≦アハハハ)


くしくも、どちらも最愛のお母さんをガンで亡くしてしまいます。

ストーリーは2本とも全く違うのに、なんだかテーマは突き詰めると一緒のような気がしました。

2本観て思ったことは、「母親の、(おなかを痛めて産んだ)子を想う心は、宇宙のように大きくて深いな」ということ。
そして「母子の絆」は永遠だということ。


幸いにも私の両親はまだ健在ですが、いつかは通る路でもあり、そこは子どもの心境に重ね合わせると、たまらなかったです。

また、親の心境に重ね合わせると、ガンという病で壮絶な痛みだったろうけど、子どもの愛に包まれて、幸せな一生だと感じながら旅立てたんだろうなと、人の最期として羨ましく思いました。


そして両映画とも、オカンの演技が素晴らしかったです。
『眉山』は宮本信子さん、『東京タワー・・・』は樹木希林さん。

特に樹木さんのオカンは、とてもかわいらしかった!


また、両オトンも渋くて素晴らしかった!
『眉山』は夏八木勲さん、『東京タワー・・・』は小林薫さん。


余談ですが、ダンスホールで若かりしオカン(内田也哉子さん)と踊る小林さんは、なんとなく劇団四季の加藤敬二さんに似てました(笑)

そして、先日東京タワーへ行ってきたばかりだったので、タワーの映像にとても懐かしさ(?)を覚えました。

また私は福岡県の北九州方面の生まれでして、年代もボクとほぼ同じ世代。九州にいたのはほんのわずかの期間でしたが、九州出身の両親は九州弁で私を育てましたので、九州弁シャワーのようなセリフたちは、耳に心地良く響きました。


何気に『眉山』の大沢たかおさん好きなんです。
同じさださん原作の『解夏』にも主演してましたね。この映画も映画館で観たんですが、鑑賞後も思い出すとしばらく嗚咽するほど、心に染みた映画でした。さださんの映画は、さださんの歌のように情緒的で、ゆかたのように日本の風情に溶け込みます。


『東京タワー・・・』のボクの中学・高校生時代の役柄の冨浦智嗣くんも、『TBS涙そうそうプロジェクト 広島・昭和20年8月6日』で観て気になった子。(『金八』とか『花より団子』とかは観てないので知らないの) タバコ吸う演技はびっくりしたけど、まだ声変わりしてないのね(笑) 今後の俳優としての成長を期待したいわ。
※って書いたら、智嗣くん、5月15日誕生日だったのね。おめでとう~(^O^)/



そんな素敵な映画を観た日なのに、今夜は息子と大バトル。
反抗期なのか、とても扱いにくいです。へ理屈が多いのよ。
(素直な時も多々あるのですけどね)
育児はなかなか理想通りにいきません(T_T)
これが女の子だったらまた手応えは違うんだろうなぁ・・・

ε=( ̄。 ̄;)フゥ

ため息ばかり出てしまいます。


ごはんの画像はまた明日。
今夜はもう寝ますデス。
by LoveCoffee | 2007-05-15 23:13 | 映画鑑賞
さっきまで、TVで放送されてた「デスノート」

なんとなく、おどろおどろしい分野は苦手で、この手の映画は観るのを敬遠していたんですが、TVのチャンネルを変えていて、ついついつかまってしまった・・・

いやぁ~、結構面白いじゃん!

旦那は、もう放送が終る頃帰ってきたんですが、「あー、放送今日だったのか・・・漫画読んでたんで、観たいなぁと思ってたんだ」と。
私も途中からだったので、今度DVD出たら借りてこよう。

ちなみに、旦那は今、実写版の「デビルマン」を観ています。イマイチだと申しておりました(笑)


そんな今日は、またまたお友だちと健康行脚へ行ってきました。
今日は、姿勢改善のストレッチとマシントレーニング。
時間にしたら1時間半もやってないと思うけど、汗もかいたし、身体もあちこち使った感じで気持ちえがったです(^^♪

その後はランチ(笑)
これで痩せるんかいな???(;^ω^A
c0005619_0505165.jpg
お好み焼きのお店。お腹いっぱいになりました。

そしてばんごはん。
c0005619_0532859.jpg
◆クリーミー照り焼きチキン(サニーレタスとトマト添え)
◆おぼろ豆腐の冷奴
◆味噌汁(もやし・大根・いんげん)
◆ひじきと鶏そぼろの炊き込みご飯
◆ヨーグルト
◆Beer&チューハイ♪
c0005619_0552043.jpg
刀根さんのこだわりヘルシーチキンの胸肉で、照り焼きチキンを作りました。ソースに生クリームを使ってるので、クリーミー♪
胸肉が1枚しかなかったので、3人分としては少ないかなと思い、ささみ1パックでも作ってみたよ。胸肉に負けじと、柔らかくふんわり美味しくできました。

いろんな刀根鶏レシピたまってるから、頑張ってUPしないとなぁ~(^-^;
待っててね。
c0005619_0591463.jpg
そして、今日は刀根鶏レシピをもう一品。
このひじきのご飯には、ミンチを使用してるんですよ。

刀根鶏ミンチのほかに、ひじき、干ししいたけ、ちくわ、れんこん、にんじんが入ってます。ぐつぐつ煮込んだ具と煮汁でもって、ご飯を炊きました。

食べる時にひらめいて、柚子胡椒を少し混ぜて食べたら、激旨でしたよ。
c0005619_12859.jpg
味噌汁のもやしは、キッチンバサミで適当にザクザク切って、ごま油で炒めてから煮てます。こぶたさんのアイディアです。こうすると、もやしがシャキシャキして美味しいよ。この味噌汁にも、柚子胡椒を少し入れました。


明日は早起きして、それからスケジュールたくさん!頑張らなきゃ(>_<)


今日も美味しいごはんをありがとう(^^♪
by LoveCoffee | 2006-10-27 23:50 | 映画鑑賞

誰も知らない

さすがの息子も運動会で相当疲れたもよう。
運動会のあった夜は爆睡状態で、代休の月曜日は、私と一緒に惰眠をむさぼっていました。

そして起きたら「お母さん、首が痛い(>_<)」

爆睡したがために、寝返りもしなかったのかもね。しっかり寝違えてしまったもよう(笑)
昨日もまだ若干痛かったみたいです。

っで、昨日お風呂に湯をはり、らでぃっしゅぼーやで購入した新しいカミツレの入浴剤を入れた時、背後で息子が・・・

「お母さん、それ(入浴剤のこと)って、リューマチに効く?」

(゜Д゜) ハア?? リューマチ?

Σ(・o・;) アッ

「リューマチって・・・もしかして、首の寝違えのこと?」

(o・。・o)あっ! ← 息子

二人して大爆笑!!


5月31日(水)のばんごはん
c0005619_22185680.jpg
◆カレイの西京焼き
◆冷やしトマト
◆砂肝の香味揚げ
◆にらともやしとしめじのハニーナムル
◆味噌汁(しじみ)
◆ごはん
◆りんご&オレンジ&プルーン
◆スパークリングウォーター

魚は、アルミホイルに包んでオーブントースターで焼きました。ラクチンね。
c0005619_2221359.jpg
今日は刀根さんのこだわりヘルシーチキンの砂肝を、酒大2、しょうゆ大1、塩小1/4、粉山椒1/2で5分くらい下味をつけ、片栗粉をまぶして高温で揚げてみました。砂肝は、白いすじを取って2つに削ぎきりにし、味が染みやすいように切込みをいれてあります。
作り方は簡単なのに、コリコリして味も染みていて、と~っても美味しかったです!息子も「美味しい!」と言って、早々に完食してしまいました(*^。^*)



今日、WOWOWで放送していた『誰も知らない』を初めて観ました。
あのカンヌ映画祭において、最優秀男優賞を史上最年少で柳楽優弥くんが受賞した作品。
実際に起きた「西巣鴨子の子ども置き去り事件」をモチーフに作られた映画です。

観終わって、胸がとても苦しくせつなくなりました。涙は出るのですが、嗚咽とも違う、爆泣きとも違う・・・なんて表現したらいいのかわからないんですが、子どもたちの演技があまりにもかわいいので、観てて本当にせつなかったです。

もちろん、母親は悪い。
母親を責めるのは簡単なこと。

でも、母親だけが悪いのだろうか?

『誰も知らない』っていう題の「誰」とは、誰のこと?


「私は幸せになっちゃいけないの?」という母親の言葉も印象的でした。

映画は、全体的に柔らかく優しい空気を感じる映像だったので救われましたが、実際はもっと現実的で暴力的で悲惨な実情だったようです。

映画や実際の事件(子どもが亡くなる)ほどひどい状況は現実にはそんなにないと思いたいですが、母親が男性の元へ走り育児を放棄したり、再婚後義理の父母から虐待を受けたりというニュースはよく耳にするので、ひょっとしたら特異な内容ではないのかも・・・とも思う自分がいます。

でも、どんな悲惨な状況であれ、子どもというのは心の奥底では母親を求めるものなんですよね。母親が自分たちを裏切った、もう帰ってこないと悟った後でさえ、多分心の底で愛している。とてもいじらしく、切ない。

単に「かわいそう」という言葉では語りたくないです。


今日は一層、息子のことを、愛しく思いました。



↓今日も「ぽちっ」とお願いします<(_ _)>
c0005619_21514042.gif
by LoveCoffee | 2006-05-31 22:55 | 映画鑑賞
やっと観ることができましたぁ~(^O^)/
ミュージカル映画『プロデューサーズ』
忘れないうちに感想をメモメモφ( ̄∇ ̄o)ゞ


ネタバレ少しあるかも・・・







いやぁ~、面白かった!クスクス笑ってばっかりいました(*^m^*) ムフッ
歌が終るたびに、思わず拍手しそうになりましたよ、マジで(笑)

舞台オリジナルキャストが多いので、お得感があります。
舞台の『プロデューサーズ』が「トニー賞」を受賞した場面はTVで観てたんで、この映画を観て、益々本物の舞台を観たくなりました。

日本でも、ちょっと前にV6か誰かでやってたと思うんだけど、ぜひ劇団四季でお願い!

ネイサン・レインはさすがですね。上手過ぎ!
この方アニメの「ライオンキング」のティモンの声もしてるんですよね~(^v^)
四季で演じてもらうとしたら、ネイサン演じるマックス役は誰だろう?光枝さん?明戸さん?青木さん?

そしてマシュー・ブロデリック。
歳とったなぁ~(>_<) 「ウォー・ゲーム」や「レディホーク」の頃は、本当に美少年でしたもの。今も童顔でかわいい顔立ちですが、やっぱり皺がねぇ~(^。^;) それに少し中年太り?
青い毛布の切れ端を「くんくん、むふ~♪」ってしぐさ、めちゃツボにはまります!
でも、こんなに売れるなんて思ってなかったから、トニー賞で出てきた時には、本当にびっくりしました。
ちなみに、マシューも「ライオンキング」でシンバとして声の出演をしてるんですよね。そして、公式見て知ったんだけど、マシューの奥さんって、サラ・ジェシカ・パーカーなんだ!へぇ~。
このマシュー演じるレオの役は、ぜひ石丸幹二さんで、よろしく!

「キル・ビル」でのかっこいいイメージがあるユマ・サーマンは、スタイル抜群でセクシー♪でしたぁ。ウーラは誰にやってもらおうかなぁ?知寿さま?四季ではこの路線なかなかいないもんなぁ(笑)

ロジャー・デ・ブリー役のゲイリー・ビーチやカルメン・ギア役のロジャー・バート、そしてナチスかぶれのフランツ役のウィルも個性的でとってもよかったです。脇役もピカイチでしたね。
ゲイコンビの二人の役は、そうねぇ~下村さんと味方さんあたりでいかがでしょう?(笑)若者コンビでいくなら、柳瀬さんと道口さんでもよくってよ(笑)
フランツ役は、そうねぇ~深水さんなんか面白そう!

個人的には、劇中ミュージカル『春の日のヒトラー』で、中央で目立っていた白人男性がめちゃハンサムでキューンでした♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪

そして、この映画はなんと、舞台版で演出・振付していたスーザン・ストローマンが監督なんですよねぇ!
スーザンといえば『クレイジー・フォー・ユー』や『コンタクト』が真っ先に浮かびます!その他にも、数々の有名なミュージカルを手がけ、輝かしい賞歴を誇る、ブロードウェイでも有名な女性演出家のひとりですよね。

スーザンの振付といったら、小物使いがお上手なんですが、今回おばあちゃんズが歩行器でダンスするシーンが楽しかったです。このシーン、トニー賞の時にも披露してましたよね。会計事務所での、棚の使い方もサスガでした。


製作・脚本・作詞作曲は、大御所メル・ブルックス。映画の最後、エンディングロールが流れた後に、舞台のカーテンコールのようなナンバーが流れるんですが、最後の最後にショーガールに囲まれて「グッドバイ♪」と言いながら出演するのが彼なんですよね。おちゃめ(*^。^*)
アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞とすべて手に入れている天才ですね。


観終わった後にナンバーが頭に残ったのは『シカゴ』の方だったけど、この『プロデューサーズ』もとっても楽しい作品でした。
ミュージカルファンなら、「クスッ」って笑えるひねりもあったりするので、必見ですよ!
by LoveCoffee | 2006-05-17 23:23 | 映画鑑賞

韓国映画 『四月の雪』

前売りを買っていた『四月の雪』、今日やっと観てきました。
いろんなお友達に、「一緒に行かない?」と声を掛けたけど、誰も興味なし!(T_T)
っで、ひとり寂しく鑑賞。

いや、正確にはひとりじゃなかったわ・・・
だって、映画館は、おばちゃまたちで、ほぼ満席w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!
みんなきっと、冬ソナ観た方ばっかね(笑)
私は、冬ソナは観てないの。
だから、決してヨン様を観たいわけでなく、『夏の香り』『ラブストーリー』のソン・イェジンちゃんが観たかったのよ~(o ̄ー ̄o)


して、肝心の映画は・・・

(; ̄ー ̄)...ン~ 


これは、ヨン様ファンのおばさま向けの、ヨン様鑑賞映画でしたね(笑)

印象に残ったのは、イェジンちゃんのきれいなおっぱいだけ(/▽*\)~♪ イヤァン
あっ、おっぱいっていっても、ブラ姿だったり、肝心なとこは隠れた姿でしたけどね(笑)
ラブシーンも、全然!

イェジンちゃんは、もっと清楚できれいなのに、なんかあんまりきれいに映ってなくて残念(>_<)
まぁ、旦那が事故で生死の境、しかも浮気してたことを知ったショック・・・なんて中で、こぎれいにしてる主人公はありえないけどね。
でも、『ラブストーリー』のイェジンちゃんは、きれいだったもんなぁ~。
イェジンちゃんの韓国でのCMが観れるサイトがあるんだけど、CMの中の彼女も、美しい~♪

それと、ユン・ソクホ監督の『秋の童話』や『夏の香り』の映像や、『ラブストーリー』の美しい映像に慣れた目には、今回の舞台の町の映像はすっごく地味でした(笑)
地味な村の映像でも、『初恋のきた道』のチャン・ツィイーちゃんは、かわいかったもんなぁ~。あっ、あの映画は、映像もきれいだったけどね。

ストーリーも単純。
淡々と話が進んで、オチも見えるので、観終わった後の余韻や感動がなかったです。

『ラブストーリー』や『ガン&トークス』は、またすぐに観たい!と思ったけど、これはもう一回観ようとは思わないなぁ(^▽^;)
ホ・ジノ監督の『八月のクリスマス』は好きでしたけどね。

あっ、でもね。
ヨン様の仕事の上司が、『秋の童話』に出てきた、ソン・スンホン演じるジュンソと廃校で生活してた先輩・・・なんて名前だったっけかな?とにかくその人だったわ。

今回、また韓国のお葬式のシーンがありました。
『秋の童話』でもあったけど、こういう身近な生活感が感じられるシーンってのは、思わず興味を持って見入ってしまいますね。
ヨン様が食べてたカップラーメンは、キムチラーメンみたいな辛そうなやつだったし、イェジンちゃんは、カップラーメン+キムチを食べてたし。いかにも韓国の食って感じ(*^。^*)


実は、昨日も、たまたまチャンネルを巡っていたら、映画の始まりにぶちあたって、ついつい観てしまったんですよ。ダイアン・レイン(懐かしい!!)の『トスカーナの休日』。っで、ヨーロッパ的な作り方の映画はいいなぁって感じてたとこ。(これはアメリカ映画なんだけどね。舞台がイタリアだし、ヨーロッパの香りがするの)
ホ・ジノ監督の映画は、フランス映画のように叙情的なのかもね。
だから、決して嫌いではないですけどね。こういった作りの映画も。

でもまっ、今回の映画は、こんなもんで、いいや(笑)
今度は、もうすぐ公開の『私の頭の中の消しゴム』で、イェジンちゃんのリベンジだぁ~(^O^)/


そうそう、今『ジョージア グランデ』のCMに、イェジンちゃんが、日本のCM初登場してますよん♪
by LoveCoffee | 2005-10-04 22:06 | 映画鑑賞