日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おでかけ(京都)( 48 )

宇治ドライブ旅行(3)

さて、三室戸寺の続きです。


c0005619_1251325.jpg

本堂では、団体でいらした巡礼の方々が、お経をよんでおられました。
その隙間をぬってお参り(-^〇^-)


c0005619_126464.jpg

至る所にお花♥


c0005619_1272942.jpg

鐘楼で鐘をつき、阿弥陀堂を見て、隣の三重塔へ。
ちなみに阿弥陀堂は、親鸞の父日野有範の墓と伝えられているそうです。



c0005619_130831.jpg

これは山吹かなぁ?


c0005619_1312040.jpg

山吹や宇治の焙炉の匂ふとき(芭蕉)



綺麗な花や景色をどうぞ♪

c0005619_1342044.jpg



c0005619_134591.jpg



c0005619_1352830.jpg

こちらのつつじはスタンバイ中!


c0005619_136536.jpg

石庭。


c0005619_13641100.jpg



c0005619_1403780.jpg



c0005619_141018.jpg

お陽さまの当たる面から咲くのね♪


c0005619_142067.jpg



c0005619_1422927.jpg



c0005619_1425833.jpg

山はいいなぁ♥
新緑の季節。花は少なかったけど、緑がとてもすてきでした!
充分満足!


c0005619_1445128.jpg

池もあるのよ。


c0005619_1454141.jpg

シャクナゲ。


c0005619_1472462.jpg

アサジサイ
大手毬

 ※お友だちの指摘により、これはアジサイではなく、大手毬ということが判明しましたw
   お詫びすると共に訂正させて頂きます。
   あんずちゃん、ありがとー(^ ^)/

白っぽい色がきれい♪


c0005619_1475480.jpg

実はこんな風に咲いていました。


庭園の奥の丘陵へ行くと、シャクナゲが沢山咲いているようでしたが、実はもうかぴの足が限界で・・・(´ε`;)
何度も何度も休み休みの歩行。
このシャクナゲやアジサイの辺りまではもうしんどいということで、東屋で休憩して待ってまして、私と旦那もその先へ行くのは断念しました。


c0005619_1503841.jpg


とにかく、手入れのされた綺麗な庭園で、ちょっと暑かったけど、湿度がなかったので丁度良く、気持ちのよい時間を過ごせました♪


HPによると、GW後半の明日から丁度つつじが見頃になるそうですし、6月にはあじさい、夏にはハス、秋にはもみじが美しいお寺さんなので、興味ある方はぜひどうぞ(-^〇^-)
ただし、あじさいの見頃時期は、もの凄い人だそうです(笑)



三室戸寺はここでおしまい。
次に続く~

といきたいけど、今夜はここまでにしときますw
続きはまた後日(^ ^)/
by LoveCoffee | 2012-05-03 01:36 | おでかけ(京都)

宇治ドライブ旅行(2)

当初の予定では、最初に行くハズだった三室戸寺。
新名神ルートからでは、宇治東IC降りて一番手前になるからね。

でも、渋滞で遅くなっちゃったし、平等院鳳凰堂の内覧の受付する為にも(遅いと見れない)平等院へ先に行こうか!と、順番変えて行ったのに、結局駐車場探しで時間食っちゃって(笑)

そんならもう平等院は最後にゆっくり回ることにして(爆) ←予定が二転三転ww
いざ花の寺「三室戸寺」へ。

西国観音霊場第10番札所である三室戸寺は、あじさい寺としても有名ですよね。
(↑ 調べるまで知らなかったけどww)

c0005619_0272029.jpg

広大な庭園に沢山の花が植えられています。


受付付近。
c0005619_0114876.jpg


4月下旬から5月上旬のこの時期は、つつじで賑わうそうですが、この日はまだ2~3部咲き。
でも、綺麗に手入れされた庭や、様々な花や緑に、とても心奪われました♪

c0005619_0193783.jpg


c0005619_0213383.jpg



山門。巡礼者さんも結構いました。
c0005619_0224011.jpg



c0005619_0294183.jpg

つつじが満開になる予定の地(笑)

c0005619_030848.jpg

手前はあじさい畑です。

どちらも満開の時は圧巻でしょうね♪


c0005619_031447.jpg

咲き始めの花びらは瑞々しくて、太陽の光を浴びてきらきらしてました!


c0005619_032852.jpg

階段を上り、本堂へ向かいます。


本堂。
c0005619_0595378.jpg

手前には、ハスの鉢が沢山ありました。250鉢ほどあるそうです。
6月下旬から8月上旬が見頃だそうですよ。


そしてここには、ゆかいなオブジェ?がいくつかあります。


これは「狛蛇」
宇賀神の像だそうです。
c0005619_12509.jpg

財運・金運の蛇神だそうで、頭は老翁、体は蛇で蓮に乗る姿。
しっぽを撫でると金運が、耳たぶを撫でると福があるということで、みんなでなでなで♥


ほんで、これが「狛犬」ならぬ「狛兎」(笑)
c0005619_1102097.jpg


この三室戸寺の辺りは、かつては宇治の中心地で、菟道(うじ)と称されてたそうで、色々と兎に縁のある土地なんだそうです。(詳しくは寺のHPを参照して下さいな)

この兎さん、大きな玉を抱いてますね。
この玉の中に、卵型の石があり、それが立てば願いが叶うらしい・・・

c0005619_11429100.jpg

ほっほっほっほっほ~
見事立ちましてよ!(*^^)v

あ!願い事するの忘れた!(笑)


狛牛?ww
宝勝牛というそうです。
c0005619_1154652.jpg

牛の口の中に石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれているそうです。

勿論みんななでなでww

牛のお腹には小さな覗き窓があり、そこから胎内におさめられた牛の木像が見えます。


c0005619_1185640.jpg

牛の横には、貴乃花・若乃花兄弟の手形がありました。

でっけぇ!!



一旦おしまい。
まだまだ続く・・・
by LoveCoffee | 2012-05-03 00:16 | おでかけ(京都)

宇治ドライブ旅行(1)

GW前半の4月29日(土)、家族で京都の宇治へドライブしてきました。

いつものように、突発的に決めた旅行です。
だって、せっかくのGWなのに、殆ど予定がなかったんだもん(ノ_・、)

どっか行きたいよ~
両方の親の通院アッシーとは違う、遊びでの長距離ドライブしたいよ~

↑ ハイ、いつもの病気が出ましてねww


運転手はもちろん私♪ イェイ(*^^)v

行き先は、かぴが行きたいと言った「宇治の平等院鳳凰堂」がメイン。
新東名も気になったけど、今は人がわんさかだろうし、すぐに却下ww
私は、奈良の興福寺へ行きたいなぁ。阿修羅ちゃんに逢いたい♥

そんなこんなで、前日、行き先をいくつか決め、ドライブ経路をシミュレーションし、準備万端だったのに・・・

出発が、我が家時間で予定よりかなり遅れたことは事実。
東名阪の四日市IC近辺で多少渋滞するのも予定のうち。

しかーし!!

高速での事故多過ぎですからっ!

1件なんて、新名神でホヤホヤの事故に遭遇してしばらく停止してたよ。
パトカーに消防車に救急車が通り過ぎて行き・・・
その他にも数件あったよ(ノ_・、)


無理な追い越しや無謀な運転はやめようね。
前も後ろも横もきちんと意識しながら、でも力まずに運転しようぜ。
飛ばす=運転上手 では勿論ないから、やんちゃさん、いきがらないでくれ。


そんなこんなで、宇治に着いたのはもう11時過ぎ・・・(ノ_・、)
平等院の駐車場はどこも満車だったわ・・・(ノ_・、)

あさイチで平等院へ行って、内部拝観の受付を済ませて鳳凰堂を堪能し、その後宇治の寺院を2つ拝観したら、午後は奈良へ行って興福寺へ、時間があったら元興寺へも、帰りは針テラスで天スタラーメン食べて名阪国道で帰宅・・・な~んてスケジュールは早くも挫折。
まぁ、事故渋滞で遅れなくても、ちょっと詰め込み過ぎだったかもだけど(笑)

というワケで、ここは欲張らずにもう宇治オンリーで楽しむことにしたっちゃ。
奈良へはまたこの次に行けばいいんだからね♪
こういう切り返しは早いのだ(*^^)v


これは、途中で寄った新名神の土山SAで買った、あまおうとバニラのソフトクリーム♪
c0005619_23394715.jpg


ほんでこれは、かぴが「食べたい!」と所望したトマト(笑)
c0005619_2340327.jpg

青空の下で食べると、夏野菜って美味しいね!(今は春だけど・・・w)


有名な中村藤吉本店の目の前のコインパーキングに車を停めて、JR宇治駅横の観光案内所のお姉さんに、色々質問。
c0005619_22474075.jpg



お昼ご飯は、お姉さんに教えてもらったお店のうち、手打ち蕎麦のお店「若香庵」へ。
c0005619_22503152.jpg


私は季節物の「天若柳そば」、かぴと旦那はざるを、そして親子丼を3人でシェアしました。
c0005619_23171654.jpg

う~ん。そばは不味くはないけど、つけ汁が濃かったかも(´ε`;)
こだわりのつゆらしいけど、私たちには合わなかったなぁ。
親子丼のご飯が、全体的にべちゃっとしていて茶色だったので、てっきり「茶粥(茶飯?)」を使ってるんだと思ったけど、精算時におばちゃんに訊ねたら、普通のご飯だったらしい(爆)

今これを書きながら、なぜ中村藤吉本店で食事&スイーツしなかったのかと悔やまれる(笑)
これはいつかやはりリベンジしなければっ!!


JR宇治駅横にある時刻モニュメント。
定刻になると、蓋があいて、茶摘みの歌に合わせて人形が動きます。
c0005619_2323180.jpg



さて。お腹も膨れたし、最初の目的地「三室戸寺」へ参りましょう♪
c0005619_233736.jpg



長くなるので、続きます。
by LoveCoffee | 2012-05-02 21:55 | おでかけ(京都)
随分とまた間が空いてしまいました。
っが、そしらぬふりをして(^_^;)、また京都旅行の続きです(すみませ~ん)


お腹がそこそこ膨れたので、3番目の目的地、目の前の平安神宮へ!


大鳥居が写ってないや(^_^;)
ごめんなさい。

c0005619_0294853.jpg
ここ平安神宮は、息子のリベンジ場所ではなくて、実は私が来たかった場所なんです。

結婚する前、旦那に連れられて来て以来だから、ん十年ぶり(^_^;)
その当時、自然いっぱいの広いお庭を、とっても楽しく歩いた思い出があって、どうしてももう一度そのお庭を歩きたかったの。

c0005619_1273527.jpg
大極殿(外拝殿)です。
2枚の画像を貼りあわせてます。ちょっとよがんでるね(^^ゞ


平安神宮って名前からなんとなく、歴史ある由緒ある神社のように思うけど、実は平安遷都1100年を記念して、明治28年に創建された、比較的新しい建物なんですよね。ご社殿は、桓武天皇が開かれた当時の平安京の正庁、朝堂院が8分の5の規模で再現されているんだそうです。

そして、京都三大祭りのうちのひとつ、時代祭りは、この平安神宮が創建された年の10月から始まったんですって。お祭りも新しいのね。

c0005619_183665.jpg
振り返ると、今通ってきた立派な応天門(神門)が。


c0005619_192629.jpg
白虎と蒼龍

c0005619_1121334.jpg
左近の桜、右近の橘。
お雛様で飾られていますね。
橘は日本固有の柑橘だそうです。

c0005619_1125345.jpg
龍尾壇。金色だぁ!

ざざっと大極殿を見た後は、敷地面積約10,000坪の日本庭園である「平安神宮神苑」を散歩します。
これがしたかったのぉ~♪

白虎楼横の入口から入ると、まずは平安の苑である南神苑があります。
c0005619_1133073.jpg

c0005619_1135768.jpg
ここでは、平安時代に著された書物(伊勢物語・源氏物語・古今和歌集・竹取物語・枕草子)の中に記されている200種余りの植物が、その一節の紹介とともに植栽されています。

ちょうど時期ではない植物がほとんどで、あまり生き生きとした感じではなかったですが、春などはきっときれいな花が咲き乱れているんでしょうね。

c0005619_1142549.jpg
この歌は知ってる!(笑)

c0005619_115120.jpg
日本で初めて京都に運行されたチンチン電車。
平安神宮が創建された明治28年、平安遷都1100年の同じ事業の中で"京都復興"という同じ意志のもとに敷設されたのだそうです。

c0005619_1153712.jpg
"野筋"と"遣水"を基調にした平安の神苑。

c0005619_11693.jpg
西神苑の白虎池。

c0005619_1164110.jpg
中神苑の蒼龍池にかかる臥龍橋の石は、「五条大橋」と「三条大橋」の橋脚の一部なのだそうです。

c0005619_1171430.jpg
中神苑の蒼龍池の睡蓮?

c0005619_1174546.jpg
東神苑にある栖鳳池に浮かぶ美しい泰平閣。

c0005619_1181860.jpg
貴賓館である尚美館。

この館の屋根に、白い大きな鳥がいるの、見えますか?
この鳥に、私たちは勝手に「ケンシロウ」と名前をつけ、その動向をしばらく追っていました(笑)

そしたらばこのケンシロウ。
あろうことか、この尚美館の屋根で、おしっこしておった!(笑)
それも、明らかにここは彼のトイレであるのを物語るべく、屋根にはいくつものその痕跡が・・・(^_^;)
まぁ、贅沢なトイレだこと(笑)

c0005619_1185194.jpg
浮島もあり、とても美しい景色でした。

c0005619_1193747.jpg
泰平閣の椅子から、池をぼんやり眺めます。
ただ座って池を眺めるだけなんだけど、これがまたいいのです。
時間がゆっくりと流れていくのよねぇ。


そんなこんなで、我が家らしく、ゆったりのんびりの神苑散策となりました。

たくさん歩きました!
私的に、ものすごく満足♪


c0005619_120417.jpg
外へ出ると、もう夕暮れ。
岡崎公園の木々は、ほんの少し色づいていました。



さて、今回の旅はこれで終わりです。

本当は、この後時間があったら、京都東ICへ行く途中にある、山科の天智天皇陵の散策をしたかったのですが、さすがに時間がありませんでした(^_^;)
これはまたのお楽しみね。



ここまで長文にお付き合い下さいまして、ありがとうございましたm(__)m


おまけで、次の記事に、この日のばんごはんを載せておきま~す(^O^)/
by LoveCoffee | 2009-11-23 22:06 | おでかけ(京都)
前回の旅行記の途中から、ちょっと間が空いてしまいました(^^ゞ


二条城をあとにして、次は平安神宮へ。

とりあえず平安神宮近くの岡崎公園駐車場へ向かいましたが、あいにく満車。
(めちゃ混みという感じではなく、待ってれば入れた気もするけどね)

なので、平安神宮までは少し歩きますが(と言っても10分くらい)、金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の第一駐車場(黒谷駐車場)へ停めました。コインパーキングになっとります。

c0005619_23474638.jpg
山門。

駐車場を借りるために何気に寄ったんですが、でもこのお寺さんは、知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の大本山の1つなんだそうです。しかも新撰組とゆかりの深いお寺さんなんですと。そして時代劇の撮影によく使われているようです。(後で知った(笑))


でも、今日の目的地は平安神宮。

とりあえず、食事のできそうな場所を探しながら歩きます。

c0005619_062768.jpg
この日は10月18日だったのですが、4日後の22日は京都三大祭りである「時代祭り」の行列がある日です。

もちろん時代祭りの開催日のことは知っていたので、「なんで時代祭りの日に行かないの?」っていう質問はしないでね(笑) 人ごみは苦手なんです(^^ゞ


c0005619_0284695.jpg

道中何軒か店はありましたが、結局平安神宮の通りを隔ててすぐ前にある「平安茶寮」で軽く食べることにしました。(芸がないね~(^_^;))

c0005619_030583.jpg

スイーツ以外の食事はうどんだけなので選択肢は限りなく狭し。
天ぷらにきつねに天ぷらカレー。
しかも多分冷凍もの(笑)

でもいーの、いーの。
もう14時半。
さっさと食べないと、神宮内を観る時間がなくなっちゃうからね。

c0005619_031292.jpg

ちなみにメニューはこんな感じ。


お腹もまぁまぁ膨れたので、次は歩きますよぉ~(^O^)/


ということで、つづく。(いつになるやら)
by LoveCoffee | 2009-11-09 23:38 | おでかけ(京都)
二の丸庭園を堪能した我が家の面々。

二条城楽しかったね!っと思いながらさらに歩いて行くと・・・
c0005619_23301622.jpg
あらっ!まだ門がある!?(笑)

地図を見ると、この先にまだ本丸御殿、本丸庭園があるとのこと(+o+)
な~んだ。まだ半分も回ってないじゃない(あはは)

既に歩き疲れているらしい男性陣は、ここで終わりにしたい雰囲気を醸し出していたけど(笑)、そんなの当然却下!

京都は歩くまちなのよっ!!
ずんずん歩くのよっ!!

てなワケで、本丸エリアへ突入です。

c0005619_23365781.jpg
櫓門の前の東橋。
鯉にエサをあげている方がいたので、私たちも見学。
鯉の様子が面白かったので、息子もエサを買って、その様子をしばし楽しみました♪

c0005619_23395082.jpg
内堀です。

c0005619_23412956.jpg
いかがざんしょ?このアングル(^。^)

c0005619_23423783.jpg
奥に見えるのが本丸御殿です。

c0005619_23435381.jpg
明治天皇の命によって作り変えられた本丸庭園。

c0005619_23451330.jpg


↓ これは天守閣跡。
c0005619_23501918.jpg
この石段を上ると・・・

c0005619_23515681.jpg
上はこんな感じ。

c0005619_23523850.jpg
そして、上ってきたところはこんな感じです。


↓ 天守閣跡の上からの眺めです。
c0005619_2353576.jpg
奥が本丸御殿。

c0005619_23571170.jpg
西側の内堀。

c0005619_2357531.jpg
こっちは南側の内堀です。

c0005619_23582268.jpg
今じゃメジャーな観光地では、こんな看板は珍しくないかもね。

c0005619_23584912.jpg
本丸御殿は、春と秋の年2回、10日間ほど特別公開されるそうですが、2007年から補修工事のため5年間公開は休止なんだそうです。

c0005619_2359241.jpg
やっと城跡らしい画。

さて、本丸エリアを後にして、今度は二条城北部にある3つめの庭園、清流園へ。
c0005619_23595783.jpg
秋ですが、緑がまぶしい!
暑くもなく寒くもなく、絶好の散歩日和でした♪

c0005619_002873.jpg
この枝が垂れている樹は、枝垂れ槐(シダレエンジュ)。

中国では槐(エンジュ)は縁起のよい木とされているようですが、中でも変種の枝垂れ槐(シダレエンジュ)はその最高種とされ、出世の樹として中庭に植える風習や、縁起のよい樹として豪族の庭に植える風習があったそうです。

c0005619_012392.jpg
なんかちょっとコレ笑えませんか?(^。^)

c0005619_015137.jpg
紅葉にはまだ遠いですが、赤い葉っぱがちらほらと。

c0005619_022284.jpg
京都を代表する石を配石してあるそうです。

c0005619_025051.jpg
内堀の向こう(左側)は二の丸御殿。

c0005619_031966.jpg
香雲亭。
この少し右側の辺りで、平成15年「ラストサムライ」の試写会で二条城を訪れたトム・クルーズの、ミニ記者会見が行われたんだそうですよ。

c0005619_034654.jpg
この樹もなんか変!
蛇が顔をのぞかせているように見えませんか?

自然の成せる芸術ってやつですかね(^_-)-☆

c0005619_042798.jpg
やっと一周してきました(*^^)v

最後はやっぱりお団子♪
たくさん歩いて小腹が空いたのでね。

c0005619_045571.jpg
二条城お城まつり「京の老舗名産品展」が開催されていました。

c0005619_052266.jpg
出口間近の、休憩所&土産物店。

修学旅行の時息子たちのグループは、ここでお昼ご飯を食べたそうです。


それにしても、たっくさん歩いたなぁ。

ここ二条城内の敷地は、甲子園球場6つ分もあるそうです。
どうりでね。

とってもいい運動になりました。

この時点で既に13時半。
お団子や試食で多少まぎれてはいたものの、さすがにお腹が空きました。


ということで(4)へつづく・・・
by LoveCoffee | 2009-10-29 23:16 | おでかけ(京都)
さて、次は二条城です。

c0005619_22111161.jpg

よく考えてみれば、さきほどの「清水寺」も世界遺産でしたが、ここ「二条城」も世界遺産ですね。

息子の二条城リベンジは、各場所の説明をしっかり聞いたり読んだりしたいということだそうで。
私は、大学4年の時に来て以来で・・・ン十年めの二条城です(笑)

c0005619_22535325.jpg
これは外堀。

c0005619_22543527.jpg
現在の出入り口である東大手門です。

c0005619_2255378.jpg
ちょっと気になった個所をズームアップ(笑)

画像を横にするとなんかに見えない?・・・(あはは~)



まずは二の丸御殿を拝観。
桃山時代の武家風書院造りの代表的なものだそうです。
c0005619_2332656.jpg
立派な唐門。

c0005619_23414732.jpg
どうやって彫るんだろ?すごいなぁ!


c0005619_024581.jpg
手前が車寄せ。その奥が遠侍(とおさむらい)、その左側が式台。

c0005619_031318.jpg
この彫刻を見よ!感嘆の声しか出ません。


中はもちろん写真撮影禁止なので画像はありません。あしからず。

音声ガイドは必ず聞き、説明書きは必ず読んで、じっくり拝観してきました。


息子といえば・・・

黒書院を見た時、「この奥に白書院もあるんだよ」とか、
「襖に描かれているのは鷲かなぁ?」と私がつぶやけば、「これは鷹だよ」とか、
「狩野探幽(たんゆう)は、狩野永徳の孫なのかぁ!へ~」とか、

かなりマニアックに堪能しておりました(笑)


でも私たちも、

「大政奉還を発表した間なんだぁ」やら、
「こうなってるから書院造りと言うのかぁ」やら、
「確かにこの欄間の彫刻は表と裏が違うけど、どうやって彫ったんじゃ!すごいわ」やら
「あそこに武器を持った人が待機してたんだね」やら

色々楽しんできました。

c0005619_165413.jpg
さて、次は二の丸庭園を見ます。

c0005619_112979.jpg
神泉蓬莱の世界を表した庭園と言われ、また八陣の庭とも呼ばれているそうな。
小堀遠州の作庭と云われる庭も、時代とともに改修が加えられて現代に至るとな。

ちなみに、以前訪れた南禅寺、「虎の子渡し」で有名な方丈内の庭も、小堀遠州作の庭と言われているそうです。ほ~、なるほど。


c0005619_1241886.jpg
画像中央やや右側に蘇鉄がでーんと植栽されていますが、その右側にある廊下(?)は「蘇鉄の間」と言われてるそうです。

c0005619_1283932.jpg
何をしてるのでしょう?(笑)

下にもぐって見てたものは・・・
c0005619_135258.jpg
目かすがい。

二条城といえば「鴬張り廊下」で有名ですよね。
歩くと廊下がきゅきゅっと鳴って敵の侵入を知らせてくれるすぐれもの。
その秘密がこれなんですって。

c0005619_1374998.jpg
きれいなお庭は目の保養。

昔のお偉いさんも、こうやって保養してたのね、きっと。

c0005619_1382126.jpg



長くなりました。
二条城・・・まだ続くので、ここで一旦おしまい。
(3)に続く・・・
by LoveCoffee | 2009-10-27 08:30 | おでかけ(京都)
携帯からの画像通り、18日(日)は家族3人で京都へ行ってきました。

息子はこの日部活があったのだけど、1年生になって初めての休日部活欠席です(^_^;)

なんで京都かというと、今回は修学旅行でやり残した息子の想いを叶えるため。
もしかしたらしばらくはお出かけできなくなる可能性があるので、今のうちに行動できることはしておこうとの私たちの考えもあります。

息子は6年生の時の修学旅行以後、ずっと残念に思ってたことが数点あるらしい(笑)

そのうちの2点が、
清水寺の音羽の滝のお水を飲むのを、あまりの人数で断念したこと。
二条城をじっくり見て回れなかったこと。
(あともうひとつは、平城宮跡(資料館)をじっくり見て回れなかったこと)

学校単位、グループ単位で行動すると、どうしても足早の見学になってしまうのでね。じっくり見たいところを見れないジレンマが残ってしまったんだって。


っで、いつものように、前日に行きあたりばったり日帰り旅行を決定です。


とは言ってもね、たいてい前日夜には、

車のルートや観光の順番、目的の観光場所の位置確認、かかるおおよその時間、渋滞予測、駐車場の確認、余裕があれば食事できる店の確認・・・

などはしていきます。車の運転は大好きだし、ナビがあればどこへでも行けるけど、やっぱり事前の学習は大切。きちんとした情報があれば慌てないで落ち着いて行動できるのでね、安全のための努力はしていくよ。

あとね、帰宅してからは、その日通った道を再度地図で確認したりして、しばらく地図を眺めまわしています。(地図が好きなの!)


そんなこんなで、出発です!
6時過ぎには家を出るつもりが、結局6時45分くらいに(笑)
まぁ、遅れるのもいつものこと(あはは)

コンビニに寄り、朝食などを買い込んで、ついでに元気ドリンクをググっと飲みほすのも、いつものこと♪
7時ジャストにコンビニを出発。

渋滞にも遭わず、1時間40分くらいで清水寺の近くの駐車場に到着しました。
やっぱ京都は近いね~!


駐車場には、北海道からの修学旅行生のバスが何台も停まっていました。(それも3校くらい)
あとは、外国人のツアー団体客が多くいました。

c0005619_23305553.jpg
産寧坂(三年坂)をてくてく。道の両側の店が気になり、なかなか進まない(笑)

c0005619_23362710.jpg
清水寺
清水寺は、私は2005年もみじの季節の夜間拝観で来て以来です。

大きな赤い門は、仁王門。
右側西門の後ろに、三重塔が見えます。

c0005619_2341188.jpg
釈尊の両足形を陰刻した仏足石。息子の手のひらと比べてみて!

c0005619_1853180.jpg
下手の楽舎から舞台を臨むと、奥に阿弥陀堂も見えます。

c0005619_1861163.jpg
上手の楽舎から舞台を臨むと、京都市街(京都タワーなど)が見えます。

c0005619_18132057.jpg
これは、阿弥陀堂の方から本堂を見た図です。
舞台が斜めにせり出しているのがよくわかりますね。
かなり高さがあるし、改めて見ると、ちょっと怖いかも(>_<)

c0005619_18162320.jpg
子安の塔より少し手前にある小さな丘から見た図。
本堂の真正面を拝めます。三重塔も見えるよ(写ってないけど)

c0005619_18204446.jpg
そして、息子念願の音羽の滝。

味は・・・鉄臭かったって(笑)

確かに、伝ってくる管はかなり錆びてそうだもんね(あはは)

私は撮影係(ビデオとデジカメの同時両刀遣い)なので味見しなかったけど、心残りはないわ~(笑)


c0005619_18535423.jpg
舞台の下はこんな感じ。

c0005619_1855875.jpg
小腹が空いたので、延命院の横の「六花亭」という茶店で小休止。
店の名前がいいね。洋菓子が出てきそう(笑)

c0005619_18571991.jpg
でも、食べたのはみたらし団子。

c0005619_1924069.jpg
杜鵑草 (ほととぎす)。
お店の方に教えて戴きました。

隣の延命院に咲いている金木犀の香りがなんともいえません。
この時期の贅沢のひとつですね♪


そんなこんなで清水寺を後にした私たちは、また来た道をてくてく。


道中のお土産物を物色したり、八ツ橋の試食をしたり(しっかりお茶まで戴いた(笑))・・・
まぁ、時間の制限があるわけではないのでね、いつものように我が家時間でまったりてくてくです(^^ゞ


途中、1軒のお店のシャッターが開いたら、私たちの目は看板にくぎ付け(笑)

八つ橋シューだって!

c0005619_198531.jpg
ん~、これは食べてみたいかも!!
店頭には、つるの剛士さんやスザンヌ、今は消えてしまった野久保直樹くんのヘキサゴンメンバー、そして石ちゃんが番組で食べた写真が飾られていました。

c0005619_1992066.jpg
んで、買ってしまいました♪

c0005619_1995870.jpg
せっかくなので、店内でゆっくり味わうことに。

c0005619_19124679.jpg
上から、「カスタード」「抹茶」「秋栗カスタード」です。

抹茶がすごく抹茶してました。
カスタードも美味しかったです。


c0005619_20261082.jpg
っで、そのお店を出る時に、とても気になったのがコレ。

c0005619_20263823.jpg
なんでも試したい私は、思わず買い!

これも、とっても抹茶してて美味しかったです。


そんなこんなの清水寺詣りでした。

(2)へ続く~(^O^)/
by LoveCoffee | 2009-10-22 22:56 | おでかけ(京都)

おはようございます

by LoveCoffee | 2009-10-18 09:01 | おでかけ(京都)
その後は曼殊院

本当は、真如堂へ行こうかと思ってたけど、直前のタクシーの運ちゃん情報で、真如堂は今たいしたことない、行くなら曼殊院・詩仙堂がいいと奨められて変更しました。


曼殊院は、皇族・貴族の子弟が代々住持となる別格寺院(門跡)だそうです。
院内には、秋篠宮殿下や紀子さま、ベッカムなど来院の際の写真が飾られていました。

c0005619_1815772.jpg

c0005619_1823233.jpg

c0005619_1861553.jpg




その後は、近くの詩仙堂へ。

c0005619_1872715.jpg

c0005619_1882392.jpg

c0005619_1885699.jpg
このすすきがなかいい味出してました。
c0005619_18104228.jpg

c0005619_181168.jpg


そうそう、詩仙堂には、ダイアナ王妃とチャールズ皇太子が訪問された時の写真が飾られていましたよ。


結構あちこち連れまわしてしまい、じじばばはかなり疲れたのではと思いますが、それなりに楽しんでもらえたようで何より。
タクシーは計5回乗りました。(最後の永観堂から曼殊院へ向かうタクシーには、次の詩仙堂~八条口駐車場までお願いした)。観光タクシーを1日貸切利用するより随分安く済みましたよ。

じじばばの寒さ対策や、帰宅後の疲労対策として、栄養ドリンク(出発前と帰宅後用)や、足にまくホカロンやら温湿布など、かなり準備も万端にし、車内もシュラフで冷えないように気を遣い、階段や危ない個所を歩く時は父の腕を取り・・・私は半分観光どころではなかったけど、でも十分堪能しました。

まだまだ行きたいところあるなぁ。
桜の季節もいいしね。


おまけ。
c0005619_18195097.jpg
大津SAから臨む琵琶湖。(見えなくてごめん)


ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました。
京都の紅葉、楽しめて頂けたら幸いです(^O^)/
by LoveCoffee | 2008-11-24 18:21 | おでかけ(京都)