日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おでかけ(京都)( 48 )

間違えて東福寺

京都へ行ってきました(^^♪

観劇メインだけど、観光も少し。
c0005619_0511344.jpg
東福寺の通天橋からの眺望です。
まだ紅葉は見ごろとまではいかないかな。でも十分きれいでした。

いや、ほんとは「東寺」へ行こうと思ってたのです。今日は21日で弘法市もあるし。

京都は観光で一番にぎわうこの時期、京都駅からはあまり離れたくなかったので(開演時間に間に合わなかったらシャレにならんからね)、今週来週の行き先は「東寺」か「東福寺」って決めてたの。
(来週も京都へ行くんかいっ!← 誰かつっこみを(笑))

それに、東福寺の紅葉は京都の紅葉情報によると、どうやら来週辺りと踏んでたので、せっかくなら見ごろの時に訪れたいじゃない♪だから今週は「東寺♪」


しかぁ~し!!

タクシーに乗り込んで、着いてみたら「東福寺」だった(笑)

私は確かに「近いけどすみません、東寺へお願いします」と言ったのよ。
でも、道々いろいろ観光名所の話をしていて「東福寺」の名前も出てきたわねぇ~。
帰りのタクシー料金より1.5倍はかかってたから、最初は東寺へ向かってたと思われるのですが・・・

でも、まぁ、ハクナマタタですよ。

いいのです、いいのです。
タクシーの運ちゃんにも行き先違うことは告げつつ、笑顔で「ここで大丈夫です」(^^♪
ワタクシえらい!!自画自賛(笑)

今日は「東福寺」へ行きなさい・・・と神の導きだったのかもしれません、マイゴッド♪
ジーザスの苦悩に比べたらこれくらいの過ち、なんのその(笑)
c0005619_152324.jpg
通天橋の反対側にある臥雲橋からの眺望。

きれいな写真がいっぱい撮れたんですが、今日はもう時間がないので、また今度アップします。
とりあえず、みなさまに紅葉の香りを少しだけお届け♪
by LoveCoffee | 2007-11-21 23:50 | おでかけ(京都)

いにしえの都も…

c0005619_1552141.jpg

クリスマスモード(*^-^)b
by LoveCoffee | 2007-11-21 15:52 | おでかけ(京都)

やばいっ(-"-;A

なんだかちょっと気持ち悪い。
息をすると、喉の奥で「すぴーすぴー」と音が鳴る。
目の周りがしょぼしょぼ。
頭がぼーっ。
若干身体が痛い・・・

今熱を測ったら、37.5℃あった。



・・・




見なかったことにしよう。


ささっ、息子の塾のお迎え行かなくちゃっ!


c0005619_1814699.jpg
南禅寺三門からの風景。
by LoveCoffee | 2007-10-25 18:17 | おでかけ(京都)
京都三大祭りである時代祭りも終わった24日(水)。

京都はいよいよ秋の観光シーズンに突入。
でも今日は平日。人は多いけど、うんじゃらけってほどではない。

折りしも、かなりの晴天♪


せっかく京都へ来たんだから、観劇だけして帰るのはなんかもったいないよね。(今回は開演時間が14時で、いつもより遅いから、時間的余裕も少しあるしね。)

前日ガイドブック見ながら、どうしようかな~?って考えてたんだ、

でもね、

・・・結局寝坊しちゃったのよね~(笑)


息子が登校する7時半に一緒に出ようと思ったのにな(^。^;)

でも、京都へは10時45分に到着。
新幹線の中でとりあえず考えた。
京都駅周辺をうろついてもいいし、伊勢丹探索でもいいけど・・・
でもなんとか1ヶ所くらいは行けるかも。

よし、決行しよう!

んで、タクシーに乗り込み「南禅寺」へ行ってきました。

タクシーの運転手2年目というおばちゃんといろいろおしゃべりを楽しんでるうちに到着。
そうそう、抹茶パフェで有名な「茶寮 都路里」の祇園本店横を通ったよ。空いてた(笑)
c0005619_0412465.jpg
京都最高位の禅寺。
c0005619_0445491.jpg
歌舞伎「楼門五三桐」で、大泥棒の石川五右衛門が『絶景かな』と大見得を切った、高さ22mの三門。
c0005619_04869.jpg
三門の楼上へ上がるには拝観料が必要です。急な階段がちと怖い(>_<)
c0005619_0502745.jpg
楼上はこんな感じ。靴は脱いであがるのだ。建物内には釈迦像などが安置されてました。
c0005619_0571534.jpg
さて、景色はいかがでしょうか?
c0005619_0575039.jpg
京都市街が一望できて、まさに「絶景かな」
c0005619_059518.jpg
三門の楼上から西を見下ろした風景。
c0005619_0594674.jpg
山側の風景も美しいです。
c0005619_102574.jpg
そして、楼上から東側を見下ろしたの図。
c0005619_162255.jpg
三門を通り過ぎて正面から見た図。
c0005619_173557.jpg
法堂へ向かいます。まだ紅葉には程遠い感じですね。でも緑に癒される~
c0005619_110104.jpg
法堂。
c0005619_1155813.jpg
「虎の児渡し」と呼ばれる方丈(清涼殿)の枯山水式庭園。拝観料が必要です。
この方丈の後方にある小方丈には、狩野元信、永徳の襖絵や、名高い狩野深幽の「水呑の虎」などが展示されてました(写真撮影は不可なので画像はありません)
c0005619_1202663.jpg
如心庭。
c0005619_1274527.jpg
回廊がくねくね。
c0005619_1285366.jpg
水路閣。琵琶湖の水を引くために作ったものだそうです。

南禅寺は広い!

まだまだ観たい名庭は他にあったのですが、なにせ時間が足らない!
(お昼ご飯も食べなきゃいけないしね)

あまり欲張らず、この辺で南禅寺観光をおしまいにしました。


んで、お昼は、行きのタクシーのおばちゃんに教えてもらったゆどうふの南禅寺順正
「桂三枝のゆどうふ食べくらべ」とかやってるお店だそうです。
c0005619_140264.jpg
お店はかなりにぎわってました。値段は、旦那も読んでると思うのでおおっぴらに言えません(笑)
c0005619_1413346.jpg
結構大きな塊の豆腐が8つ。
大食いの私も、さすがにお腹いっぱいになって、2個残しちゃいました。ごめんなさぁい。


帰りはまた京都駅までタクシーで。
今度はガイド好きのおじちゃんだった。
山の方の道をチョイスしてくれて、いろんなこと教えてくれました。すっごく得した気分。だって、多分ガイドブックには載ってないようなこともたくさん教えてくれたから。


プチ観光だったけど、とっても楽しかったです♪


長い間お付き合い下さってありがとうございます!
by LoveCoffee | 2007-10-24 23:50 | おでかけ(京都)
ここからは貴船です。
c0005619_023255.jpg
貴船神社目指して、貴船川沿いを歩いていきます。
貴船は「水源の森100選」に認定されているところで、川も木々も美しい!
c0005619_026202.jpg
貴船神社は、縁結びでも有名な、水の神様を祭る神社。
かの和泉式部も、夫婦円満を願って通ったそうな。歴史を感じますな。
c0005619_0284791.jpg
いやはや、また階段だ(^▽^;)
c0005619_0301179.jpg
貴船神社。
c0005619_0304832.jpg
落ち葉に趣を感じます。美しい!
c0005619_031265.jpg
さて、ここから更に、貴船神社の奥の宮を目指すのだ。
c0005619_0321531.jpg
結社にある「天の磐船」という船形の巨石。
c0005619_0384339.jpg
相生の大杉。下が繋がってるだよ。すごいね。
貴船には立派な古木がたくさん!
c0005619_040642.jpg
そして、貴船神社の奥の宮。数々の伝説が残るところ。
c0005619_0335260.jpg
奥の宮から戻る時に撮った参道。
樹齢700~1000年の立派な大杉が連なります。


この後、また西門まで歩いて戻り、更に近くのバス停から叡山電鉄貴船口駅までバスにゆられて5分。貴船川渓谷沿いの景色も美しい。

浜大津へ戻ると、既に18時半近く。
ばんごはんは、駅近くの浜大津アーカス内の「東方見聞録」というお店で食べてきました。
c0005619_0482032.jpg
窓からは、琵琶湖に浮かぶライトアップされた客船や放水。
なんと花火まで上がってました。

Beerで喉を潤したいところを、ぐっと我慢。(旦那は2杯も生を飲んでおったよ)

しかし、すっごい歩いたなぁ~(>_<)
往復の電車でもほとんど立ってたし。
翌日筋肉痛が凄かったもん。

でも、とっても楽しかった!

こうやって歩くの楽しいな。京都は、やっぱ歩いて巡る場所だね。今度からは、この浜大津のパーク&ライドを利用して、歩き回ろう!


長くなりました。
一緒に「鞍馬・貴船」の旅を楽しんでもらえたかな?
ここまでお付き合いして下さり、ありがとう(^O^)/
by LoveCoffee | 2006-11-15 23:50 | おでかけ(京都)
c0005619_23275994.jpg
ここから、貴船の方へ向かう奥深い山道になります。
c0005619_23462194.jpg
やっぱり階段(^▽^;)
c0005619_23472218.jpg
杉の大木の根が、硬い地表に隆起してできた天然のでこぼこ道である「木の根道」。
「木の根は生きているから踏まないように」と、息子に注意。自然を慈しまなきゃね。
c0005619_23525052.jpg
c0005619_2353101.jpg
義経公背比べ石。
16歳の義経が、父の敵き討ちを誓い、奥州平泉へ向かうため鞍馬山を下りる途中に、名残を惜しんで背比べをしたといわれる石だそうです。石の高さは約1.2m。
意外と低い?息子と比べていかがでしょう?
c0005619_23564253.jpg
僧正が谷不動堂。
この僧正が谷で、牛若丸は鞍馬天狗に兵法や剣術を学んだんだって。

志半ばで無念の死を遂げた義経の魂は、幼少を過ごした鞍馬に戻ったと言われており、この不動堂の近くの義経堂に祀られています。
c0005619_0112198.jpg
ここからまた木の根道が続き、奥の院まで険しい道のりが続きます。
c0005619_0133933.jpg
最近運動不足気味だったこともあり、息も切れ切れ。足はガクガク。
デジカメ構えるその足は、実は膝がガクガク笑っていて、なんだかそんな自分が笑えるゼ(T▽T)アハハ
c0005619_0154275.jpg
あまりに大変だったので、奥の院を激写するのを忘れていました(笑)
c0005619_0163777.jpg
ε=( ̄。 ̄;)フゥ
やっとこサ、貴船側の入口、西門へ到着。
仁王門の前からここまで、2時間かけてひと山越えてきました~。

っと、ここから更に1時間半歩いたんですよ。

日帰り京都旅行(鞍馬・貴船) (5)へ。
by LoveCoffee | 2006-11-15 23:30 | おでかけ(京都)
c0005619_22483018.jpg
やっと鞍馬寺本殿の辺りまできました。綺麗な建物は実は休憩所(笑)
c0005619_22492114.jpg
休憩所(左手)を過ぎて、振り返った景色。ここも、やっぱり階段(^▽^;)
c0005619_2251126.jpg
鞍馬寺本殿。
のんびり景色を楽しみながらきたわが家は、通常30分の道のりを、ここまでで既に1時間経過(笑)

鞍馬寺は、宝亀元年(770)に、鑑真の高弟鑑禎が毘沙門天を祀って創建したのがはじまりと言われているそうで、あの清少納言も参拝したという由緒あるお寺だそうです。義経は7歳の時に、覚日阿闍梨の弟子として、この寺に入ったんですと。
c0005619_2259862.jpg
c0005619_22593138.jpg
c0005619_231873.jpg
境内はこんな感じ。
c0005619_2341088.jpg
さて、奥の院目指して更に上りますよ!
c0005619_237072.jpg
c0005619_2372184.jpg
霊宝殿の横にある木の下で休憩。この木だけ上部がきれいに色づいていました。
c0005619_2384689.jpg
逆光で見づらいですね。ごめんなさい。なかなかの絶景です。


次は、更に険しくなる山道に突入です。

日帰り京都旅行(鞍馬・貴船) (4)へつづく。
by LoveCoffee | 2006-11-15 23:15 | おでかけ(京都)
さて、無事に鞍馬駅に到着。

「鞍馬」と言えば・・・
c0005619_21265855.jpg
「天狗」ですね!
牛若丸は、この鞍馬の地で「打倒平家!」を誓い、天狗と剣術の稽古に励んだとか。

今からかなりの道を歩く予定。時刻はいい感じにお昼どき。

まずは腹ごしらえといきますか!駅から近くの「神山」というお店で昼食です。
c0005619_2134203.jpg
この辺りは、木の芽煮が名物だそうです。私は山椒の香りが食欲をそそるじゃこご飯とニジマスの甘露煮のセットを戴きました。旦那は、栗ご飯と鮎の甘露煮のセット。息子は鴨丼です。


お腹も膨れたところで、ここからが本番。
みなさんも擬似体験ができるように、写真満載で進めて参りまーす。
c0005619_21385736.jpg
入口の仁王門前から、既にこんな階段よ(^▽^;)
c0005619_22145267.jpg
鞍馬寺の立派な仁王門。
c0005619_22163266.jpg
紅葉にはまだまだ。でも美しい。
c0005619_22165869.jpg
仁王門をくぐると・・・さらにこんな感じ。
c0005619_22194927.jpg
「魔王の碑」(画像右手側にある)を拝んだ後、何を思ったか息子はダッシュ!
いや、まだまだ先は長いよ。しかも上りだし。しかも山道だし。
c0005619_22263810.jpg
京都の奥座敷として、ここは豊かな自然がいっぱい。
やっぱり山っていいなぁ~♪
c0005619_22283841.jpg
由岐神社。10月22日に、有名な鞍馬の火祭りが行なわれたばかりです。火祭りの日は、すごい人出になるらしいですよ。
c0005619_22402237.jpg
緑に癒されるぅ~。
c0005619_22404754.jpg
源義経供養塔や貞明皇后御休息跡などを見ながら、一路本殿へ。


日帰り京都旅行(鞍馬・貴船) (3)へつづく。
by LoveCoffee | 2006-11-15 23:05 | おでかけ(京都)
11月5日(日) 快晴

家族3人で、京都へ日帰り旅行してきました(^^♪

前日の土曜日に、「明日は天気もよさそうだし、紅葉にはまだ早いけど、でも今度こそ京都へ行こう!」と決めていた私。

行き先はどこにしよ~かな~♪(←いつものように行き当たりばったり(笑))

そしたらば旦那が、土曜の午後のTVで、彦麿さんか誰かが「鞍馬・貴船」の山道を歩いている旅番組を見たそうで(私はその時、ガーガー寝ていた(笑))、「あーやって山道歩いて行くのもいいなぁ」と提案。

すぐに京都の旅行雑誌で、旦那と鞍馬・貴船をチェ~ック。
おー、なかなかいいじゃん!

っで、行き先は正式に「鞍馬・貴船」に決定!

交通手段は、いつものように車!

・・・と思ったけど、鞍馬ってほんとに山の中。雑誌にも、途中すれ違うのもやっとの道があるとかなんとか書いてあったし、駐車場のキャパもどうなの?

なら、市内の駐車場に車停めて、そこから電車で行こうかな。

加えて、名古屋高速が一部通行止めの期間なんだよな。ルート調べなきゃ。

ちょっと心配で、ネットでいろいろ検索。

あちゃー(>_<) 京都御所が一般公開の期間でもあるのねぇ。紅葉シーズンにはまだ早いけど、いずれにしても京都東や南のICは混みそうだし、市内の駐車場も空いてるかなぁ?


なんて、いろいろ行き先ルートを巡らしていたら、いいものめっけ!

古都大津・京都での観光や移動はパーク&ライドで!
(詳しくは↑見てね(笑))


1日500円の駐車料。
(10時間くらい停めたけど、帰る時に一旦表示された料金は2700円。それが、あーた500円で済むのはありがたいね。)
京都東山辺りなら電車で30分もかからず行けるという立地。
こりゃいいね~♪


そんなこんなで、なんとかルートも決定し、元気に出発です!

この日名古屋高速が、呼続から鶴舞JCまで工事で通行できなかったので、その間は下の道を走ってたら、ちょうど大学駅伝がスタートする前の緊張した状況に遭遇。TVを見ながら、「あらら~、私たち、今まさにその中走ってるね(笑)」
スタートを待っている選手たちや応援の人たちを横目に、道路の真ん中を走って、珍しい経験。残念ながらカメラは間に合わなかった(>_<)

渋滞もなく、10時頃に大津ICに到着。
c0005619_2038792.jpg
大津ICから琵琶湖を臨む・・・(^▽^;) 見えん(笑)
c0005619_20395068.jpg
大津市浜大津公共駐車場に停めると、なんとすぐ横が京阪電車の浜大津駅。近くてナイス!

この日は、
①京阪京津線で、浜大津 から、御陵へ そのまま 京都市営東西線で 三条京阪まで。
②京阪本線特急で、三条 から 出町柳へ
③叡山電鉄鞍馬線で、出町柳 から 鞍馬へ

というルートで行きました。

①の電車が楽しかった!だって、途中で路面電車になったり、地下鉄になったりするんだよ!
c0005619_20532882.jpg
これは、①の三条京阪駅から、②の三条駅へ歩く途中で見つけた看板(多分)。
ただいま、京都劇場で「クレージー・フォー・ユー」、大阪四季劇場で「マンマ・ミーア!」上演中(^_-)-☆

その他にも、京都の電車は楽しかった。

特急にはTVがついてて、普通に番組を流していました。それぞれの席の足元にスピーカーがついてて、後方席でも音が聞けるのがスバラシイ!

東京とかにもあるかもしれないけど、ラッシュの時にしか使われない扉と、その前にある格納式のシート。

叡山電鉄の鞍馬線は、どんどん山の中に入っていくその景色を楽しめるために、一部シートが外側を向いてたり。

地域によって、いろんな特徴の電車があって楽しいね。
c0005619_21101691.jpg
叡山電鉄鞍馬線。終点の鞍馬駅。


さぁ!ここから歩きますよぉ~(^O^)/


日帰り京都旅行(鞍馬・貴船) (2)へつづく。
by LoveCoffee | 2006-11-15 23:00 | おでかけ(京都)

京都観劇旅行(3)

さて、高台寺を後にして、(その時も、まだまだすごい待ち人の列!)、今度は清水寺までGO!
教えられた細い道を歩いて行きました。
道の両側には、土産物屋さんや、食事処が軒を並べています。
またまた小腹が空いたので(笑)・・・
c0005619_1515581.jpgc0005619_152628.jpg
ほかほかの蒸しまんじゅうをほおばりながら、更に散策。

手作りのお箸のお店があったので、明日誕生日の義母のために、うるし塗りのちょっと高い夫婦のお箸を購入。一生モンだよ!

そんなこんなしてたら、無事清水寺まで到着。
ジャスト18時半。
ここでも、少し並んだけど、無事待たずにすんなり入れてラッキー♪

最初に、この時期にしか中に入れない「成就院」の庭を拝観。(別途料金よ(T_T))
ここは、写真撮影NGなので、写真はありません。
靴を脱いで入るんですが、入口で靴を脱いでびっくり!
なんと、自分の左側の靴下に十円玉くらいの大きな穴があいてたんですよっ(笑)!しかも、なぜだか、その穴が甲の位置にあったの!

そういえば、なんかずっと左足の裏が痛かったんですよね。
靴があってないのかな?なんて最初思ってたんですが、高台寺で、やっぱり靴を脱ぐ場所があって、その時に、小さな石が入ってることがわかったの。それで、その時少し靴下脱ぎかけで小石を出して、またぱぱっと靴下履きなおしたんです。きっとその時、小石ですでに穴があいてたんでしょうね(笑) そんで、それを知らずに、バカな私は、その穴のあいてる方をなぜだか上にして履いたんでしょうね(なんと無頓着!)

しっかり、後ろのカップルに見られてしまいました。(恥ずかしい~(>_<))
こんな時、連れがいれば、「あれれ?いつの間にか穴があいてる!きっと、さっきの小石で穴があいたんだぁ!」なんて言い訳もできるのに、なんせひとり旅。
まっ、いくらなんでも、旅に出るときにわざわざ穴のあいた靴下を選ぶ人はいないよ!と、思ってくれたことを期待しつつ、何事もなかったように頑張ってみました(笑)
c0005619_157694.jpg
c0005619_1571767.jpg
c0005619_1572748.jpg
c0005619_1574167.jpg
やっぱり、デジカメのちゃっちいモードの写真じゃなかなか伝わりませんね。本物は、とても美しかったです。

しかし、清水寺ってのも、多分ン十年ぶりなんだけど、結構あの舞台って傾斜があるのね。下をみたら、紅葉はきれいだったんだけど、ちょっと足がすくんでしまいました(笑)

出世の大黒様にもしっかりパンパン!手を合わせてきましたよ。

c0005619_205766.jpg
c0005619_211080.jpg
夜景モードで撮ったけど、三脚ないとブレちゃうね(^▽^;)
京都の夜景も見れて、ここからの眺望も、大変素晴らしかったです。
みなさんに伝えられないのが、本当に残念(>_<)
c0005619_212471.jpg
清水の舞台を支える足場の位置から撮った写真です。1本1本がとっても太いんですよ!
c0005619_2164846.jpg
しかし、ここもすごい人出でした。テーマパークさながら!
この日は、天気もよく、風もなく、夜間拝観期間も残りわずかな最後の土曜日だったから、余計だったんでしょうが。あまりの人待ちに、「音羽の滝」はあきらめました。次回のお楽しみ!
c0005619_2193512.jpg
でも、一度は見てみるのもいいと思えるような、素晴らしい景色でした。
今度は、家族で来れたらいいな。


おまけ:
京都駅で、お弁当を物色してたら、やたら警官がいる場所あり。
尋ねてみると「政治家が通る」とのこと。
c0005619_2233563.jpg
なんと、小泉首相でしたぁ~♪
生の首相は初めて!TVまんまの方でしたよ。
でもデジカメ撮るのに必死だったけど(笑)
でもブレたけど(泣)

それでも、この場所通るの少しでも時間がズレてたら、そしてこの場所にこなかったら、こんな場面に遭遇しなかった訳で、偶然にしてはすごいなぁと思いましたv(*'-^*)bぶいっ♪

っで、今度は新幹線ホームに出たら、やっぱり警官やSPの人がうんじゃら。
ピーンと来て、また待ちましたよ(笑)
c0005619_225189.jpg
ほ~らね♪
っで、私小泉首相と同じ新幹線で帰ってまいりました。(*^m^*) ムフッ

楽しい想いをさせていただきました(*^。^*)
留守番していてくれた旦那と息子に感謝♪
ありがとうです(^^♪

直前60位でした(^^♪
クリック本当にありがとうございまです<(_ _)>
今日も「ぽちっ」として下さると、ますます頑張れまっす!
よろしくお願いしますデス
人気blogランキング
by LoveCoffee | 2005-12-03 23:56 | おでかけ(京都)