日々の雑感を徒然と・・・


by LoveCoffee
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:劇団四季 ( 187 ) タグの人気記事

c0005619_15584233.jpg

クリスマスカテコも盛り上がりました(^O^)/
by LoveCoffee | 2008-12-23 15:58 | 観劇レポ・四季ネタ
先日、劇団四季から「千秋楽」と大きく書かれたDMが届きました。
中にはこんなカードが4枚。
c0005619_23324429.jpg



カードの裏側はこんな感じ。
c0005619_2321039.jpg
いよいよ千秋楽ですね。



っで、その千秋楽の抽選結果が本日届きました。

c0005619_23214741.jpg
画像では見えないかもしれませんが・・・


見事ハズレました(>_<)


まぁ、当選しても2枚だし、家族で誰が行くかもめることになるからね、ハズレてちょうどよかったかも(・・・と強がりを言ってみる(笑))


っということで、今度の23日の会員先行予約日、前楽GETに賭けます!!



そんな今日のばんごはん。

実は昼間ものすごい豪勢なランチをしてきたので、ばんごはん食べられるかなぁ?なんて思ってましたが、しっかり食べてしまいました(爆)
(豪勢なランチの記事は後日UPしますね)

旦那からお昼過ぎに、「取り引き先の方と忘年会するからばんごはんはいらない」とメールがあったので、当初の予定のメニューを変更して作りました。

青字はらでぃっしゅぼーやの食材です。

c0005619_2326411.jpg
タコミートラザニア風(洋風シーフードくらぶ)
◆サラダ(レタス、ブロッコリー、トマト)
エビのコンソメスープ(洋風シーフードくらぶ)
◆トースト
◆小アジの南蛮漬け(前日の残り)
◆きのこのしぐれ煮(前日の残り)
りんご
◆ボジョレーヌーボー(白)


洋風シーフードくらぶのセットの中味が2人分なので、3人で分けると若干少ないんですよ。
わりと華やかなメニューが多いので、いつもは金曜日とか休日利用することが多いのですけど、今日は旦那がいないので利用してみました。

調理が簡単なのに、見栄えがするし、美味しいのがいいよね♪


今日も美味しいごはんに、感謝♪感謝♪
by LoveCoffee | 2008-12-18 23:35 | 観劇レポ・四季ネタ
今「世界ふしぎ発見」で、バリの特集をしています。

昨夜NHKで、劇団四季の「ミュージカル南十字星」が放映されたばかりなので、見知った情景がたくさん出てきてなんだか嬉しいわ。

カテコで踊られるケチャの起源やガムランの演奏など・・・舞台を思い出すなぁ。


ふふふ・・・
昨夜の放映Ver.では、ご贔屓さんが出演していた時のものだったので、またお宝が増えたよん♪

年明けには昭和の歴史三部作のDVD-BOXも発売されるから、それも御贔屓さん出演時のVer.だったらいいなぁ。
(録画日付からして、たぶん「李香蘭」や「異国の丘」は出演されてないだろうからね。御贔屓さんは三部作すべてに出演経験があるんですけどね)

ところで、私はすでにアマゾンでBOXの予約をしてしまったのですが(かなりお安くなるのでね)、公式を見たら、なに~?四季から購入すると購入特典がつくらしい!!
どんなものなのか、気になる~(>_<)

値段をとるか、特典をとるか・・・それが疑問だ(笑)



そんな今日のばんごはん。

買い物をしていないので、家にあるお野菜でできるもので済ませました~。

青字らでぃっしゅぼーやの食材です。
c0005619_21365715.jpg
◆お鍋(放牧豚、白菜、大根、ねぎ、しいたけ、しめじ、杵つきもち
放牧豚壬生菜の炒め物(にんじん)<らでぃっしゅレシピ>(前日の残り)
◆きんぴらごぼう(ごぼう、にんじん)(前日の残り)
◆Beer

c0005619_21345680.jpg
放牧豚のピンク色がきれいでしょ♪


大根おろしをたっぷり入れて、ポン酢で食べました~ヽ(^o^)丿


今日も美味しいごはんに、ありがとう(^^♪
by LoveCoffee | 2008-11-29 21:39 | 観劇レポ・四季ネタ
c0005619_21352098.jpg
京都から帰宅した日はそのまま実家に宿泊し、その翌日の22日(土)、息子を引き連れて今度は浜松へ行ってきました。

この写真は、浜名湖SAから見える浜名湖です。

3連休初日は超快晴。東名高速も人がいっぱい!

c0005619_2141257.jpg
っで、向った先は、浜松アクトシティ。

c0005619_2143150.jpg
劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター<ジャポネスクバージョン>」を観るためです。


息子は実家へ置いておこうかなと思ったけど、ついてくると言うので、じゃぁアンタは隣接する「浜松楽器博物館」で時間をつぶしといて!ってことに。
入館料子どもはタダだし(笑)、昨年の夏休みに来たことがあるので、中は勝手知ったる・・・だしね。
そしてジーザスは、上演時間が通常の演目より短いのよ。



っで、感想はというと・・・

まずは、超眠かった(笑)
この2日で何キロ運転したでしょうか。やっぱり少し強行軍でしたかね?(あはは)

観劇を決めたのはチケット発売日より随分あとだったので、席が後ろの方だったからか(でもセンターブロックでまぁまぁだったけどね)、会場のキャパが広すぎたからか・・・

舞台が遠かった・・・
いや、物理的なものもあるけど、今回は
感覚的なものも含めて・・・舞台が遠かった(^_^;)


主役3人がすべて韓国の方。
訛りは感じなかった。歌もとてもお上手。

う~ん(^_^;) 逆にウマすぎ。
ロックショーを観てる感が。

舞台のキャパが、秋劇場や名古屋のミュージカル劇場くらいだったら、また感じ方が違ったかもしれない。やっぱり、役者さんの息遣いが聞こえるくらいの距離が、舞台から置いてきぼりを食らわずにすむような気がして、私は好きだなぁ。


金田ジーザスは美形なんでしょうが、遠くてよくわからん(笑)
十字架に磔にされている姿も美しかったが、遠くてよくわからん(笑)

歌はとても上手でしたが、でも私的には演技の深さがイマイチでした。
あなた、ユダのこと嫌いでしょう?(笑)
つきとばす時、愛情がなかったもん。

市場の場面も、「ここは私の祈りの場だ!」と振り払う時の迫力が足らない。
祈りの場を汚されたという想いがもっと強くてもいい。

「治して下さい~」と寄ってくる民衆を、最初から受け入れてなかったでしょ?(笑)
最初から困ってたよ、アナタ。


そう思うと、今さらながら、やなじーの慈愛深い演技が懐かしいです。
ゲッセマネで泣けなかったのが、とても悔しいなぁ。

まぁ、柳瀬さんだって10年演じてきてつかんだ感覚なんでしょうからね。
もっと会場が小さくて、近くで見たら違う感想だったかもしれないし。
(それに、眠たかったからね(笑))


高木マリアは、前回もあんなにビブってたっけ?
もう少しストレートな歌声の方が好みかな。お上手ですけどね。


スンラさんのユダは今回も壊れてたけど、ジーザスがユダのこと嫌いだったみたいで(笑)、ひとり片想いって感じでちょっとかわいそうだった(爆)
チューも、ジーザス顔を少しそむけてたし(笑)

ジャポネスクVer.は、歌舞伎の要素も取り入れた様式美がウリだと思うんだけど、すり足っていうの?あの姿勢が、ちょっと違うような気がするんだけど、何分素人なのでよくわからん。(わからんのに文句言うなってか?(笑))その辺詳しい方はどう感じるのかな?


あと、カヤパは、もう少し低音が響いて欲しいところ。高井さんや飯田さんの方が好みです。
ヘロデも、大塚さんの動きを知っていると不満が残ります。あの辺は日本人でも、歌舞伎の動きをよく研究していないと難しいんじゃないかな。

ジョンシモンも、実はあんまり得意ではないんですが、なんか前回観ているというだけで、少し安心感が(爆)

それだけ今回私にとって、韓国の方が多く(改名していて一見分からないですが)、しかも新人さんも多く、たぶん全国公演も初めてという方も多く・・・という、不安材料の多い舞台だったということです。


この演目は大好きな演目のひとつなので、次は万全の体調で、できたら好みのキャストで!!観たいと思います。名古屋来ないかなぁ。エルサレムVer.で。



『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジャポネスク・バージョン (全国公演・浜松)

ジーザス・クライスト : 金田俊秀
イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起
アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎
     手島章平
     飯田達郎
シモン(使徒) : 本城裕二
ペテロ(使徒) : 賀山祐介
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平
ヘロデ王 : 星野光一


【男性アンサンブル】
赤瀬賢二
山本伸夫
辻中 武
キム チャンホ
染矢 裕
今村真悟
一和洋輔
ソ ジョンス
畑野年孝

【女性アンサンブル】
キム ミンヨン
上條奈々
日谷百合
稲垣麻衣子
ジョン ジヨン
森 未央
野村麻理
村上 智
ジョン ソンジ


【大八車・人力車】
松田逸平
安東 翼
嶋野達也
酒井良太


c0005619_22174914.jpg
帰りにもまた浜名湖SAで休憩。お土産を物色したり、浜名湖眺めたり。

c0005619_22191975.jpg
浜名湖を背に夕焼けがとっても美しかったです。

c0005619_22195218.jpg


そうそう、全然関係ないけど、浜松アクトシティから東名浜松西ICへ向かう途中に、興誠中学・高等学校の横を通りました。前回通った時は「立派な施設のある学校だな」くらいにしか思わなかったんですが、今回は、「興誠?どっかで見たことある名前だな・・・」と。

思い出した!!ノックこと野久保直樹くんの母校じゃん!

っと、急にルンルンしてしまったCHIKOでやんす。(あはは)



おまけ:
c0005619_2233976.jpg
楽器博物館で買った旦那へのお土産。

コレ、実はライターです(^^♪
by LoveCoffee | 2008-11-24 22:43 | 観劇レポ・四季ネタ

息子をひとり

c0005619_12391380.jpg

楽器博物館へ押し込み(^_^;)

母は神の世界へ♪

ホール外にはピンクのツリーが(*^ー^)ノ
by LoveCoffee | 2008-11-22 12:39 | 観劇レポ・四季ネタ

おはようございます

c0005619_1037855.jpg

昨日は西へ、本日は東へ。

三連休初日はいい天気。人も多いです。

昨日、夜の琵琶湖しかカメラに収められなかったので、今日はリベンジ。
と言っても今日は浜名湖ですが(笑)
by LoveCoffee | 2008-11-22 10:37 | おでかけ(静岡)
c0005619_14524926.jpg
日曜日に家族3人で、劇団四季のミュージカル「マンマ・ミーア!」を観てきました。

実は前日の夜、息子が7度台に発熱(>_<)
明日も熱が高いままだったら、観劇は無理かなぁ?旦那か私かどちらか1人だけ観る?
ってな感じだったの。

でも、寝入ってから薬が効いたのかすぐに熱は下がり、無事3人で観劇することができました。(えらいぞ息子!)
ちなみにほのかドナをかなり気に入っている旦那はちょっと気が気ではなかったみたい(笑)


c0005619_1561046.jpg

ほのかドナで開幕した名古屋マンマ。外部の方が主役という、四季では異例の抜擢でしたが、我が家の面々はすっかりほのかドナに魅了。でもほどなく「ミス・サイゴン」出演のため彼女は去っていってしまいました。

以後登場した智恵ドナも五東ドナも、歌はお上手だし、それぞれの良さがあって十分満足していたのですけどね。やっぱりほのかさんだと「ロックの申し子」と言う言葉がいちばんしっくりくるんだよなぁ。スタイルもいいし、ビジュアルもかっこいいしね。

再登場はないのかなぁ?と諦めていましたが、なんと!
1月博多で開幕の「ミス・サイゴン」までの間でしょうが、飛び込んできた嬉しいニュース。

っというわけで、久々のほのかドナ堪能です。
相変わらずのハスキーボイス。もしかしたら好みの別れるところかもしれないけど(プリプリ(ふるっ)の奥居香さんのような歌声と言えば分かりやすい?)、これぞやっぱりロックの申し子ですよ!
「Money, Money, Money 」のドスの効いた演歌節は知寿さま以上かも(^v^)


でね、でね、でね!
「Chiquitita」が終わり、さぁ次はドナが元気を取り戻す「Dancing Queen」よ!ってなシーン。
青山ロージーと増本ターニャの小芝居も絶好調の1番が終わり、2番が始まるわよっ!
あのドアから、ピンクのふわふわを首にまとい、ババーーーンっとかっこよく登場するのよっ!!
登場の勢いとかっこよさと観客のノリ具合がうまくかみ合うと、拍手が起こる場面です。(拍手がない日ももちろんあります)

さて、今日はどうかな?

っとわくわくしてた私。

ババーーーン!
おぉ、今日はいい感じじゃん!・・・っと思ったら・・・
ドナが消えたっ!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

えっ?えっ?


なんと、ほのかさん、あのドアを開けて前へ出る時に足を踏み外して、あの台から落ちてしまったのです!
観たことある方ならわかると思うんですが、あのドアの台の前には小物を置くテーブルもあるの。あのテーブルにも当たりながら、お尻からガタッ!バタン!ドタバタ・・・って感じ。
思わずロージーもターニャもかけよって助け舟。

でも、すごい状況なのにマイク離さなかったほのかさん(^^♪
なんとか2番歌いだしながら立ち上がり、通常の立ち位置にもっていきました(^。^)

結構高いところからの落下なので、観客も固唾をのんで状況を見守っていましたが、無事歌いだし立ち上がるのを確認すると、一斉に拍手が(^○^)

ほのかさんも、「あやや~、やっちゃった~」ってな照れ笑いで少し素に戻ってましたが、すぐにドナにリターン。

そんな姿に、名古屋の観客はあったかいノダ!
(「壁抜け男」の時にも、デュティユルを応援するあったかい拍手が定番だった名古屋です♪)

通常、カテコ以外のナンバーで手拍子が起こることはめったにないのですが(Catsのスキンブルナンバーではよくあるかな?)、この日ばかりは観客と舞台が一体となり、一緒に「Dancing Queen」を作り上げた感じ。

いつもなら、青山ロージーの腰の心配をする場面でも、この日は視線はほのかドナへ集中(笑)
ナンバー終わって袖へはける時には、ほのかさんガッツポーズしてました(笑)


でも、舞台が終わるまでは緊張感があるから痛みとかあっても感じないでしょうけど、あんな高いところから落ちたんだから今日あたりどこか痛いんじゃないかなぁ?
その後青あざとかできてないかしらん?と、スリップ姿の時とか、変な視点で観てしまいましたよ(^v^)

生の舞台ならではの出来事ですね。


c0005619_2213352.jpg

さて、他のキャストについても触れてみますね。


ソフィ役の江畑さん。先日ソフィデビューを果たした、(多分)韓国の方。
もちろん、ソフィとしては初見です。
っが、しかし、この夏東京で観た「ライオンキング」でナラっており、そちらでは拝見済みでした。
この方もハスキーボイス。

某掲示板などでは、観た目がおばさんくさいとかなんだとか言われてましたが、いえいえ。
私なんぞは、”まるぽちゃ(含お腹のお肉(笑))っとしていて、20歳らしくかわいく”思えましたよ。(旦那は微妙のようでしたが(笑))

そして、中・韓役者さんにつきものの訛り。
ナラの時は訛りが気になりましたが、あらま、今回は全然気になりませんでした。
しかし、旦那は「訛ってたよ」と指摘。
表情もあまりなかったと。私は、くるくる表情が変ってかわいいと思ったんですけどねぇ。


どうしてこうも感想が違うのでしょう?
私たち同じ舞台を観てたよね?(笑)

人間の捉え方なんて、こんなもんです。
百人いれば百人の感じ方があるということ。

私的には、ダンスも歌も十分満足でした(^^♪

c0005619_2224673.jpg

久しぶりの田邊スカイ(今週からはまた玉城スカイになったので、ぎりぎりで拝見できたワケね)

先回も思ったけど、歌が随分上達しましたよねぇ。
そりゃ、シンガーレベルとまでは言いませんが、でも十分です。
しかし、もっとダンスする姿が観たかったなぁ。最近踊ってませんよね?
そろそろまたボビってくれてもOKよん♪

ソフィの「結婚とは・・・」のくだりで、にこやかに、さりげなく「うん♪」という笑顔がかわいらしかったですわ。


c0005619_22292414.jpg

前回観劇時はターニャデビューほやほやだった増本さん。段取り臭さが抜けなかった前回とは違って、見事にターニャ役を自分のものにしておられました。

ドナとターニャが若返ったので、本来ならロージーも若い役者さんで拝見したいところではありますが、やっぱり青山さんの存在は貴重です。青山ロージーがいるからこそ、今のダイナモスも、そしてマンマカンパニーもしっかりまとまっている感がバリバリ。

弥生さんのコメディエンヌぶりに乾杯です♪
しかし、坂本ビルとでは、姉と弟のような(笑)、年下のつばめのような感じが・・・(爆)


c0005619_22364419.jpg

そうそう、今回はまた味方ハリー。

前回は「Thank You For The Music 」の時、最初のポロロン♪だけしかギターを実際に弾かず、あとは弾く真似だったんです(前の席なのでよくわかりました~)

しかし今回は、最初のフレーズすべてギターを弾きながら歌ったの!
「おぉ!味方さん、ギターかなり練習されましたね?(^^♪」って心の中で拍手。

んで、最後まで弾くのかな?って思ったら、やっぱりその後は弾く真似でした(笑)
だからそこからはまた不自然な後ろ向き(っていうか、手元が客席に見えないような姿勢)で歌ってましたよ。(でも前の席の人にはバレバレ(^^♪ 後ろの人には分からないかな)

こういう時、役者って引出しが多いとお得なんでしょうね。
まるちゃんもサックス吹けて「思い出を売る男」では活躍しましたもんね。

でもまぁ、そんなことでは味さんの色は褪せませんよ。
相変わらずの癒し笑顔で和ませて頂きました。



サムは・・・

・・・慣れました。

いや、未だに無表情でいきなり歌い始める「Knowing Me, Knowing You 」には慣れません(-_-;)



あとの人は・・・まっ、いっか(笑)


c0005619_22593338.jpg

今回会員に配られたフォトスタンドと、選べるチャーム(チェーンは既に配布期間終了)。チャームは期間が延長になったのでもらえたけど、無くなり次第終了なので、私のコレクションは多分これで終わりかな。


今回、後ろの席のおばさまたちが、ウケるべきところでかなりウケて笑いはじけてて、なんだか私も楽しかったです。

休日なのに「当日券あり」は悲しいなぁ。
来年1月にはメリル・ストリープ主演の、映画「マンマ・ミーア!」が公開されるので、少しは席が埋まるかな?来月からは価格も安くなるしね。

名古屋は3月くらいまでかなぁ?

涙あり(もちろん泣いたよ)、笑いあり、そして楽しいカテコあり。
観てない方は1度は観ておくべきですぞよ(特にアバ世代は必見!)




ドナ・シェリダン : 鈴木ほのか
ソフィ・シェリダン : 江畑晶慧
ターニャ : 増本 藍
ロージー : 青山弥生
サム・カーマイケル : 渡辺 正
ハリー・ブライト : 味方隆司
ビル・オースティン : 坂本 剛
スカイ : 田邊真也
アリ : 孫田智恵
リサ : 木内志奈
エディ : 上田 亮
ペッパー : 鎌滝健太



【男性アンサンブル】
田辺 容
須永友裕
黒川 輝
深堀拓也
長谷川浩司
渡井真一
竹内一樹

【女性アンサンブル】
柏谷巴絵
羽田三美
朴 慶弥
村上絵里子
河内聡美
奥山あゆみ
梶田祐紀恵
by LoveCoffee | 2008-11-17 17:16 | 観劇レポ・四季ネタ
c0005619_22311843.jpg
3連休の中日である11月2日(日)ソワレ、刈谷市民会館にて、劇団四季の「人間になりたがった猫」を家族3人で観劇してきました。

私と息子は夏休みに幸田町民会館でも観劇しているので、今期2度目の人猫です。


ライオネルは幸田町で拝見した時と同じ上川一哉さん。
今月号のアルプの初心にも取り上げられている期待の新星さんです。

前回も思ったのですが、とっても身のこなしが軽やか!
今回は若干回転の軸がぶれていたみたいで、最後の決めがヨタりそうな感じも何度かあったのですが、ジャンプは軽くて、身のこなしは本当に猫みたいでした。

先日四季の特集をしていたニュース番組でチラっと映ったのですが、座内オーディションでシンバを演ってましたね!
うんうん、シンバいいよ!できるよ!楽しみ♪楽しみ♪ 頑張って!
楽しみな若い人材がたくさん出てきてくれることは大歓迎です。

ちなみに彼はジャニ顔でなかなかイケメン(というか、かわいい?)なので、終演後の送り出しの際も、子どもより若い女性が群がる!群がる!(笑)
みんな写真撮るから、列がなかなか進まなかったです。
でも息子が「ライオネルと握手したい」と言うので、頑張って途中まで一緒に割り込んで、近くなったら息子の背中を押して、私は群れから離れました。なので私は握手も写真もしてませんが、息子はライオネルと握手できたとのことで、とっても嬉しそうでしたよ(^^♪

一応「こころの劇場」なので、子どもを優先的に握手できるような配慮があるといいですね。
群れの外側で、ちっさな子たちがなかなか群れの中に入れず、ちょっとかわいそうでしたもん。

上川くんはこれから人気出そうね。



この日は最初からお客さんの反応がよく、たくさん笑い声が聞こえて、観客も舞台に参加しているような一体感がありました。生の舞台のよさですね。

川原さんのスワガードは、夢醒めのデビルっぷりが加わって、一段と磨きが!
CFYのランクも、川原さんらしい素晴らしい持ち役ですが、スワガードの川原さんが一番いいなぁ♪

スワガードの周りの衛兵の「ジリアン♪ダンス」も、演じている役者さんも楽しんでいるような感じがあって気持ちいいです。その中でもやっぱり和泉沢さんのダンスは目を引きますね。端正なお顔立ちだからかな?


スワガードが改心し、皆が彼を許していく過程の「すてきな友達」の歌のシーンでは、床屋役の藤原岳さんや、子ども役の間しのぶさんの目がキラキラしていたように見えました。本当に泣いていたかどうかは定かではないですが、でもアンサンブルの役者さんが役に入りきっている姿を観るのは嬉しいものです。(ファミミュなので余計)


タドベリは吉谷のじっちゃん。
じっちゃんと言ってはまだ失礼な年齢ですけど、どうしてもユタの印象でね。もはや代名詞(笑)

っで、じっちゃんの声は歌うととてもダミ声で、お世辞にも上手だとは言えないと思うのですが、さすが四季の母音法!(?) ちゃんと一音も落とさずはっきり聞こえるし、きちんと訓練しているから音を外さずにちゃんと歌えている。そういうところは、日頃のお稽古の賜物なんだろうなと改めて思いました。


ジリアンの長谷川ゆうりさんは初見です。
ジリアン役をする方は、みなさん手足が長く色が白いですね(そんなとこばかり見ている?(笑))
そしてお化粧のコツがあるのか、遠目では、前回の小川ジリアンとお顔が一緒に見えました(爆)



四季の研究所出身ではかなり古株の菅本さんや川原さんがいるから、カンパニーもしっかりまとまっているように思いました。


送り出しの時に、私はステファヌスを演じていた劇団昴の石波さんとお話をさせて頂きました。
握手をして頂きながら、「ブログ読んでますよ~」っとひと声(笑)
そうしたら、「頑張って更新します」とおっしゃって下さり、そしてちゃんとお約束を果たして下さってます。お忙しい中恐縮です(^^♪


この舞台で見せ場のひとつは、なんといっても火事のシーンです。
本当に館がグラグラドスン!と壊れていく様は、臨場感たっぷり。
スワガードとライオネルが綱を使って降りてくるところもドキドキの場面です。
何度観ても感心しちゃうわぁ。


そして、劇中何度も歌われる「すてきな友達」という歌。
小学校の音楽の教科書にも載っていますが、この歌好きだなぁ♪
ファミミュには何気にいい歌が多いですよね。

c0005619_23262766.jpg
地方公演ならではの光景ですね。
バラシの様子が見れるのも、なかなか興味深いです。
(ユタの刈谷公演の時もバラシ見れました)

c0005619_2328484.jpg
スタッフさんはもちろんのこと、送り出しが終わっても、俳優さんは大忙しのようです。


ちなみに、これはわざわざバラシの様子を見に行ったのではなく、駐車場がこの先にあるので必然的に通りがかって見えてしまったというのが真相です。決してデマッチャーではありませんのことよ(笑)


とっても心がぽかぽかして楽しい観劇になりました。
カンパニーのみなさん、全国公演もあと僅か、いよいよ最終章ですね。
最後まで走りぬけて下さいねー(^O^)/



P.S.
未だにライオネルのキャスト欄に味方さんの名前があることに、旦那と大ウケしました~(^O^)



ステファヌス : 石波義人(劇団昴)
ライオネル :  上川一哉
ジリアン : 長谷川ゆうり
タドベリ : 吉谷昭雄
トリバー : 菅本烈子
スワガード : 川原洋一郎



【男性アンサンブル】
和泉沢 旭
藤原 岳
上出匡高
岩城雄太
瀬沼真幸
小野功司
松尾 篤

【女性アンサンブル】
荒木 舞
桑野東萌
勝間千明
間 しのぶ
山下由衣子
時枝里好
脇野綾弓
岡本有里加
勝田理沙
齋藤 舞
by LoveCoffee | 2008-11-05 23:34 | 観劇レポ・四季ネタ

えへへ

今日はマンマ・ミーア!の12月・1月の分の会員先行予約日。

毎年正月辺りに劇場へ繰り出していたのですが、実家のこともあるし、今回はやめておきました。その代わり、12月分を1つポチっとな。

10分過ぎには作業が完了したので、その後ちょっと遊んでいたらまたチケ予約画面につながってしまい・・・

あらら~

なぜかジーザスのチケを一人分ポチっとな(笑)

私のせいじゃないよ~

つながっちゃったPCが悪いのよ~

くくっと押した右手が悪いのよ~



ってことで、新ジーザス、観てこようじゃないかっ!!
by LoveCoffee | 2008-10-13 21:57 | 観劇レポ・四季ネタ

えーーーーーーーっ?

やなじーはどこ?

今回は韓国版ジーザスなの?(んなワケない・・・ハズ)

明日はやなじー?


とか言いつつ、ジャポのチケは取らなかったんだけどね。
でも心配・・・


ところで、四季の思いきった値下げに大拍手ヽ(^o^)丿


c0005619_21215350.jpg
豊橋からの帰途。
明日は朝から晴れてるといいな。
by LoveCoffee | 2008-10-01 21:26 | 観劇レポ・四季ネタ